Now Loading...

ブログ,よくある質問

お見合い写真で好印象を与える3つのポイント【男性編】【女性編】

お見合い写真のコツ
みなさんこんにちは。神奈川横浜で結婚相談所・婚活をおこなっている【0円 婚活】のマダカナです。

ここまで数回にわたり“お相手が会いたくなる”お見合い写真のポイントを伝えてきました。今ブログではどこにでもある当たり障りのない建前論ではなくて、現役結婚相談所を運営している立場ならではの実戦で知りえた本音で書いてみます。

【男性編】
・女性が求める写真作り
・童心にかえった笑顔
・ネクタイの色で差をつけろ

男性だけには限りませんがお見合い写真を撮るポイントは女性が「会ってみたい」と思うような写真です。あたり前ですがここは重要チェックです。

では女性が「会ってみたい」と思う写真はどのようなものだと思いますか?「男らしい」「頼りがいがある」「凛々しい」と男性は思うかもしれませんが違います。

女性が「会ってみたい」と思う男性の写真は「優しそう」「楽しそう」「かわいい」のような印象を持つお見合い写真です。

ということは、女性が好むような写真を撮ればOKです。男性は“とっぽい写真”を撮りたがる傾向にありますがこれは絶対にNGです。「怖そう」「気難しそう」「うるさそう」と思われたらアウトです。

ではどうするか??“まるで童心にかえったようなスマイル”を意識してください。むしろコワモテノ男性がこれをやるとギャップが生まれ、女性の好感度も上がるというデータがあるくらいです。

服装は黒や紺系のスーツが多いですから、白いYシャツに明るい色のネクタイが好印象を与えます。

【女性編】
・男性が求める写真作り
・明るい色の服装で差別化をはかれ
・お見合い写真では膝を写せ

服装は黒や紺系のスーツ系を勧めているところもあるようですが私は違います。むしろ赤やピンクなどの明るい色が良いかと思います。

そのわけは、お見合いシステムの表示にあります。ある条件を入れて検索すると該当者が一覧で現れます。そこには同じような色合いの写真がずら~っと並びます。このときに赤やピンク系は目に留まるのです。

目に留まらなければ選んでもらうこともできませんので、“男性の目に留まる写真作り”を心掛ける必要があります。

実際に同一人物でも暗い色の服装から明るめの服装写真に切り替えただけで、男性からのお見合い申し込みが殺到した例もあります。

本当に見せ方は大事です。

もっと踏み込んで言えば、女性スカートをはいて足を見せる写真が男心をくすぐります。それも変な意味ではなく、椅子に腰かけ膝が見える程度でOKです。たったこれだけで男性からの問い合わせに差が出るのなら取り入れるべきではないでしょうか。

お化粧に関しては普段通りでいいと思います。ほとんどの男性はお化粧に関して知識はありません。写真から明るい印象を受けるメイクでOKです。

【まとめ】
男性編と女性編で書いてきました。いずれにしても男性を選ぶのは女性です。女性を選ぶのは男性です。ですから異性の目線で支持される写真作りが望まれます。たったこれだけ人生の最良パートナーと出会えるなら、やってみる価値はありますよね。

読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

マダカナ問い合わせフォーム