Now Loading...

ブログ

《再婚したいけど》バツイチに出会いがないは本当なのか?

再婚したい

【相談内容】

バツイチの30代後半の妙子(仮名)と申します。

離婚して早いものであっという間に4年が経過しました。その間、恋愛らしい恋愛は一切ありません。30代後半の4年間は貴重です。最近になってもう一度結婚したいと思うようになりましたが、そもそも出会いがまったくありません。

職場は男性が少なく、ほとんど既婚者です。周りの友人は子育てに忙しく、紹介をお願いできるような状況ではありません。

そこで結婚相談所の入会を考えてみましたが、入会金が高いのと、そもそもバツイチや再婚者に不利になるのでは?と思い躊躇しています。

結婚相談所を利用して再婚できたバツイチの人はいるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

【回答】

先月、ご成婚された女性はバツイチでした。今月も数件ご成婚者が現れておりますが、その中で2名の男性と3名の女性は再婚者です。

結論から先に申し上げます。

再婚者は年々増加傾向にあります。「バツイチは出会いがない」「再婚者は結婚相談所で不利だ」「結婚相談所は入会金が高い」はひと昔前のことでして、最近は、バツイチで再婚チャレンジする人が男女ともに増加しています。

ぜひ婚活してください。きっといい出会いがあると思います。

そもそも年々高くなる離婚率

こちらの表をご覧ください。離婚の年次推移表である。

 

平成21年度「離婚に関する統計」の概況:離婚の年次推移 (資料:平成21年度「離婚に関する統計」の概況:離婚の年次推移)

 

離婚をする夫婦は年々増えていて、離婚率は30%を超えるといわれています。
つまり3組に1組は離婚・・・・。

日本は結婚数が下り坂といわれますが、それは初婚の話です。1度結婚した経験のある人は再び結婚する傾向が強いと言われておりますので

離婚率の高さが再婚数の増加を生んでいることは間違いありません。

再婚者が婚活市場で不利になることは年々少なくなっていると考えられています。

バツイチに限らず出会いはない

「出会いがない」これはバツイチの人だけの悩みではなく、結婚したい人全員のお悩みです。

表を見てみると、「出会いがない」「理想の相手に出会えていない」という理由が1位2位を占めていましたので、結婚“できない”理由として「出会い」というキーワードが、今も変わらずあるようです。

 

資料:国立社会保障・人口問題研究所「第13回出生動向基本調査」(資料:国立社会保障・人口問題研究所「第13回出生動向基本調査」)

 

この表から「バツイチだから出会いがない」と思うのはちょっと違うようですよ。ご安心ください!

まとめ

バツイチ、再婚者の人に限らず、慢性的に「出会いがない」と思う人は大勢います。であれば出会いがある場所へこちらから出向くしかありません。待っていても時間が過ぎ去っていくだけでしょう。

出会いの場所は

・婚活パーティー
・結婚相談所
・習い事
・異業種交流会
・街コン合コン
・紹介

など、人が集まるところに行けばチャンスはあります。

実際に当会でもバツイチの人がご成婚されていきます。そこに初婚再婚の垣根はないように感じます。

結婚相談所の初期費用が高いと思われるかもしれませんが、細かく比較検討しますと、きっとあなたに合う結婚相談所は見つかると思います。

ぜひ婚活をはじめてください!いい出会いがあることをお祈り申し上げます。

読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

マダカナ問い合わせフォーム