Now Loading...

ブログ

婚活でよくあるトラブル!結婚相談所を利用する時の予備知識

真剣なお付き合いを考えて結婚相談所を利用する人も増えていますが、その一方でトラブルも多く発生しています。

そこで結婚相談所を利用する時の予備知識として、またトラブルを回避するために最低限覚えておいたほうが良い事柄を、事例を交えながらまとめてみます。これからの人生を左右する結婚だからこそ、できる限りトラブルを無くし希望する相手に出会いたいものですね。

婚活でよくあるトラブル!結婚相談所を利用する時の予備知識

結婚相談所ってどんなところ?

結婚相談所は真剣なお付き合いを求める男女に、出会いの機会を与えてくれる素晴らしい業務です。しかし残念なことに、中にはコンプライアンス(法令順守)に欠けるところも多く存在しているのが実情です。

大きな原因として考えられることは、結婚相談所は婚活大手の企業とは違い個人経営や個人の副業的なレベルで活動している場合が多いことが考えられます。もちろん相談所には大手企業や株式会社として活動を行うしっかりとした企業も存在していますので臆することはありません。

結婚相談所は基本的に入会金・月会費・紹介料・成婚料などを受け取る事で利益を得ていますが、契約時に提示されていないさまざまな費用を請求されるなどのトラブルが多くなっています。

金銭的なトラブル以外にも、紹介された人が求めている理想像ではない場合や、ひと月に紹介してもらう人数が契約時に約束された人数より少ないといったものまで多数のトラブルがあります。

このように結婚相談所にはトラブルが多い事を理解しておき、しっかりとした経営を行っている相談所を探すことが結婚への近道となるでしょう。できれば自ら口コミサイトなどに目を通し、気になる相談所でのトラブルなどを調べておくことが望ましくなります。

結婚相談所 勧誘

結婚相談所とのトラブル

結婚相談所とのトラブルにおいて多く寄せられる中に、紹介された相手がまったく理想のタイプではないといったことがあります。ある男性は月会費1万円の支払いを継続しているなかで、紹介される人がタイプではなく相談所に対応を求めても実に不誠実であったとのこと。

また契約時に高年収の人と必ず結婚できると勧誘され契約したにも関わらず、実情は高収入の会員はごくわずかであったりするなど、理想のタイプをしっかり伝えているにも関わらず、全然違った相手であったというトラブルは実に多くなっています。

結婚相談所とのトラブルで次に多いのが、毎月紹介してもらえる人数です。相談所によって人数に違いはありますが、毎月2人を紹介するという契約であったが実際は1人であったり、ひどい場合は1人も紹介してもらえないなどのトラブルがあります。

成婚料については、成婚の定義は相談所によってまちまちで交際から2ヵ月で成婚とみなす場合や、極端な相談所になると成婚料を前納させるところも存在するほどです。通常の感覚では成婚は結婚した時と考えるものです。

しかし曖昧な規定しかしていない相談所もあることから、契約時に成婚の定義や支払いの方法は必ず確認しておくことが大切です。結婚相談所との契約の際は、法令で定められた書面を受け取ったか、中途解約などの時に違約金の発生の有無、サービス内容などを隅々まで確認するように心がける事です。

相談所は契約時に書面を渡す義務を負っています。契約書などを交付しない場合は行政処分の対象となることを覚えておきましょう。

結婚相談所 お金

紹介相手・交際相手とのトラブル

結婚相談所とのトラブル以外にも、紹介された人や交際を始めた人とのトラブルも少なくありません。その中でプロフィール記載が虚偽である場合があります。相談所では基本的に身分証明書を確認している所が大多数ですが、実際に虚偽記載のトラブルは起こっています。

実際にあった事例で登録者が提示した身分証明書が実際は他人のものであったり、登録した職場がまったくのでたらめであったりなどの事例があり、この事例では紹介された人の友人に同じ職場の人がいたことで発覚しました。

そのほかにも年収や趣味が嘘である場合や、小さな事では喫煙まで偽って登録する人もいます。なかには、結婚する意思のない人が不動産などの投資を勧誘する目的で入会するといった悪質な事例も寄せられています。

トラブルの中でも最も気を付けなくてはいけない事に、交際中の性交渉があります。結婚相談所ではほとんどの場合、結婚相談所連盟(加入団体によって違いがあります)の規定によって交際中の性交渉を禁止しています。

規定があるにもかかわらず性交渉を行ってしまい、後々トラブルに発展してしまうケースも多くなっています。真剣なお付き合いを求めて結婚相談所に登録する人がほとんどです。しかし中にはこのような悪質な人が登録していることを忘れないようにしましょう。

結婚相談所 誘惑

知識を得てトラブルを未然に防ぎましょう!

結婚相談所でのトラブルは利用前の知識が不可欠です。どのようなトラブルがあり、どうやって未然に防ぐのかをしっかり把握しておかなければいけません。では実際にどうやって防いだら良いのでしょう。

はじめに利用しようと考えている結婚相談所は各種団体や連盟に加入しているのかを確認する必要があります。また加入する団体・連盟は実績のある団体であるのかを自らしっかり見極めましょう。また事前の調査で、個人情報の取り扱いについての規定の有無を確認しておきます。以上二つの確認は、相談所を選ぶ際の信用の指標となりますので怠らないようにしましょう。

次に契約を済ませ利用を始めてからの方法ですが、入会後に不満や納得できないことなどが発生した場合には、契約書を受領してから8日以内であれば自由にクーリングオフ制度を利用して解約できます。はがきや封書を利用して、契約を解除することを伝えましょう。

その際に内容をコピーしておくことでさらなるトラブルを回避できます。クーリングオフ時に違約金の請求などを通告してくる相談所もありますが、その場合は法令違反(特定商取引法第44条・禁止行為)ですので支払う必要はありません。

他にもさまざまなトラブルが発生する可能性がある結婚相談所ですが、自ら解決することが困難な場合は迷わず自治体などのトラブル相談を行う機関へ相談することが望ましいでしょう。

結婚相談所マダカナ

横浜・神奈川で出会いを探すならここ!0円婚活のマダカナ

横浜・神奈川で結婚相談所を探している人におすすめの結婚相談所マダカナは、男女の真剣な出会いの場を提供することにとどまらず、少しでも婚活を応援したいとの思いから0円婚活を始めています。お財布に優しい0円婚活を利用してお相手とお見合いを行い、その結果交際率は驚異の93%を誇っています。

クーリングオフにも誠実に対応し中途解約の場合は法令で規定された解約料のみで明朗な会計処理を行う優良な結婚相談所です。マダカナでは入会前に無料のカウンセリングを行っており、納得いくまでサービス内容や成婚までの流れを聞くことができます。

その後入会する時には魅力的なプロフィール作りのお手伝いをしてもらい、少しでも早く相手を見つけるために寄り添ってくれます。自宅のパソコンやスマートフォンなどで、およそ90,000人いる会員の中から気に入った相手にお見合いを申し込むことができる実績のある結婚相談所です。

まとめ

結婚相談所の利用でさまざまなトラブルが起こる可能性はありますが、賢く利用して結婚に結び付けたいものです。もちろん、どこに出会いが待っているか分からないからこそ人生は面白いし楽しいのです。

しかし確かな実績を持つ結婚相談所の利用は、自ら望む理想の相手を探すのには最適な方法ではないでしょうか。しっかりとした知識をもって利用することは、幸せな人生獲得を早めてくれるかもしれませんね。

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
結婚相談所マダカナLINE@