Now Loading...

ブログ

婚活を効果的に進めたいのなら”同じ休日”の相手を狙え!

“お休み”が合うパートナーと知り合う方が婚活にはプラスです!

【相談内容】

横浜在住の39歳の女性です。7年ほど前にバツイチになりました。子供はいません。来年3月で40歳になります。現在はアパレル会社への企画営業の仕事に就いており、お休みは不定休です。仕事は毎晩10時ころまでと出会いが全くありません。

このままでは一生この生活から抜け出せなくなると感じて婚活を思い立ちました。ただ年齢的に今からは遅いでしょうか?よろしくお願いいたします。

【回答】

ご相談ありがとうございます。まだ39歳とのことで決して遅いことはありません。せっかく思い立ったのだからぜひ婚活をスタートして欲しいと願います。

女性の場合は「30歳になる」「35歳になる」「40歳になる」という年齢的な節目で婚活をイメージされる方が多いように思います。

事実、横浜神奈川 結婚相談所マダカナの女性会員様を見てみると全体の6割が30代女性です。意外と思われるかもしれませんが20代の会員様は少ないのです。これはまだまだ結婚をイメージするにはちょっと若いのかもしれません。

相談者様は婚活パーティー・結婚相談所など、気楽に参加できそうなところから始められてはいかがでしょうか?

同じ休暇のパートナーと

ただ1点気になることは“お休み”です。

平日お休みとのことですから、やはりお相手も平日休みの方が望ましいと思います。なぜなら会うことが大変になるからです。

当会でもあるケースですが、週末お休みの方と平日お休みの方がお見合いを組んだり、そのごデートをするのは大変です。休みが合わないので出会うこと自体のハードルが上がってしまいます。

交際のスタート時期はちょっとの弊害でもご縁を育む障害になりかねません。できればお休みが合うパートナーと知り合えるようにしたいものです。

ご参考になれば幸いです。ぜひ婚活をスタートしてくださいね。

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
結婚相談所マダカナLINE@