Now Loading...

ブログ

【結婚相談所の魅力】年齢別に紹介!メリット&デメリット

結婚相談所は30~40代の登録者がメインで、次いで50代・20代の順番で多くなっています。シニア向けの結婚相談所であれば、60代の利用者も少なくありません。結婚相談所は年齢層が幅広く、年代別にメリット・デメリットが異なります。そこで、今回は年齢別に結婚相談所の魅力を説明し、結婚を成功させる秘訣を説明します。

【結婚相談所の魅力】年齢別に紹介!メリット&デメリット

20代はメリットしかないって本当⁉

20代の男女が結婚相談所を利用する際、恋愛に奥手・職場で出会いが少ない・早く結婚したいなどの理由が挙げられます。恋愛に奥手な人は今後の恋愛を成功させるために、コミュニケーション力向上を目指して入会しているケースもあります。

ちなみに、男性は製造・建設・運送、女性は保育士・看護師・エステなどの職種で「異性との出会いがない」と感じている人が多いです。そのため例に挙げたような職種に就いている人が結婚相談所に数多く入会しています。

20代で結婚相談所を利用するメリットは、理想の相手に出会える可能性が高いことです。独身証明書や年収証明書によって身元が分かっている人と、安心・安全に出会うことができ、高収入の男性とも出会えるかもしれません。

20代の女性は男性から圧倒的に人気があり、多くの男性からアプローチして貰える確率が高いです。結婚相手に求める条件に基づいて、比較的自由にパートナーを選ぶことができます。20代の利用者自体はそれほど多くないので、ライバルが少ないメリットもあります。

パートナーを見つければ、早い段階で妊娠や退職などのライフプランを立てることが可能です。20代なら転職しやすいので、仕事とプライベートの両方を充実させる方法もあります。

さらに、出産のタイムリミットを気にする必要がなく、自分のペースで婚活できます。リーズナブルな価格で婚活する方法もあるので、20代で結婚相談所を利用するデメリットはほとんどありません。ただし、20代の男性の利用者が少ないので、同年代でパートナーを探したい人は慎重に結婚相談所を選ぶ必要があります。

結婚を成功させる秘訣は自分の価値観や理想を明確にして、理想を高く設定し過ぎないことです。理想が高過ぎると30代に突入してしまうので、結婚相手に何を求めているか改めて考えてみてください。

結婚相談所で最も多い30代!メリットとデメリットは?

30代は長期間付き合っている人と別れた・周囲に結婚している人が多い・若い頃は仕事が忙しくて恋愛をしている暇がなかったなどの理由から、結婚相談所を利用している人が多いです。その他に高齢出産を避けたいと考えて、入会している女性も多く見られます。

30代は結婚相談所のメインターゲット層で、利用者が圧倒的に多いです。そのため同年代の異性と出会えるメリットがあります。30代もまだまだ男性から人気があり、アプローチして貰える可能性も十分に残っています。結婚に対して真剣に考えている人が集まっているので、結婚相談所で誕生したカップルは交際から1年以内に結婚するケースが多いです。早く相手が見つかれば出産して、理想の家庭を築くことができます。

また、仕事と婚活を両立しやすいこともメリットの1つです。結婚相談所は婚活パーティーやお見合いによってパートナーを探すケースが多く、仕事が休みの日に参加するだけで婚活できます。デートの日程は結婚コンサルタントが調整してくれるので、スケジュール管理しやすいです。自宅でプロフィールをチェックできる結婚相談所なら、自分のペースで婚活を進められます。

30代はまだ経済的に余裕がない人もいるため、40~60代に比べて結婚相談所の料金負担が大きい注意点があります。結婚相談所を選ぶ時は費用を重視して選ぶと、負担を最小限に抑えることが可能です。30代は結婚までのスピード・収入・年下の男性など、結婚に求めているものが人によって異なります。そのため自分の目的に合った結婚相談所を選ぶことが成婚する秘訣です。

結婚相談所 年齢別

40代でも結婚できる⁉子持ち・バツイチなど、訳ありでもOK!

40代が結婚相談所を利用する理由として、離婚した・同年代の出会いが少ない・経済力が欲しいなどが挙げられます。特に離婚経験のある人は、幼い子供のために再婚したいと考えている人も多いです。40代の初婚を目指す人は仕事に余裕ができ、一緒にいてくれる人が欲しくなったと感じるケースが目立っています。

結婚相談所は30代と並んで40代の利用者が多いため、結婚できる可能性が十分にあります。スピーディーに結婚できるので、年齢によっては出産して自分の子供を持てるかもしれません。20~30代とは違って、大人の魅力をアピールすれば男性から高く評価されます。

さらに、子持ち・離婚歴・40代限定など、特殊な婚活パーティーを開催している結婚相談所も少なくありません。訳ありの人でも簡単に婚活できるため、結婚相談所は40代から支持されているのです。

40代は若い頃に比べると相手を選べないリスクがあります。しかし、結婚相談所に入会せず、出会いを待っているだけでは何も始まりません。リスクよりメリットの方が豊富なので、入会している人が圧倒的に多いです。

40代で結婚を成功させるには、40代の利用者が多い結婚相談所を選ぶ必要があります。なぜなら20~30代の若いライバルが少なく、アプローチして貰える可能性が高まるからです。条件に囚われず、時には妥協して相手を選ぶことも重要となります。積極的に男性と出会いたい人は、婚活パーティーやお見合いの参加費がかからない結婚相談所を選ぶのが得策です。

利用者急上昇中⁉50代が結婚相談所を利用するメリット

定年退職後に1人で生きていく姿を想像した時、「寂しい」と感じて50代で結婚相談所に入会する人が増加しています。近年は晩婚化が進んでいるので、シニア向けの結婚相談所も少なくありません。管理職や役員などのポジションに就いて仕事が充実しているため、プライベートも充実させたいと考えて入会する人もいるようです。

同年代の男性を探すなら子持ちや再婚者が多く、自分が出産しなくても子供を持てる可能性があります。シニア向けの婚活パーティーが開催されているので、20~40代の若い人と無理に張り合う必要もありません。50代になれば見た目より人間性が重視される傾向にあり、内面を磨くことが成功の秘訣と言えます。勿論、年下の異性も数多く登録しているので、さまざまな年代との出会いを求めることが可能です。

ただし、20~40代の利用者がメインの結婚相談所を選ぶと、成婚が難しいリスクがあります。事前に利用者の年齢層を確認すれば解消できるデメリットなので、大きな問題ではありません。40代以上の利用者が多い結婚相談所を選び、大人の魅力をアピールすることがコツです。結婚相談所によっては自分磨きのセミナーを開催していることがあり、人間性を高めたい場合はセミナーの有無を確認してください。

結婚相談所 安心

60代で結婚相談所を利用すれば出会いの場を広げられる!

シニア向けの結婚相談所なら、60代の利用者も多く見られます。実際に定年退職して、1人の寂しさを感じた人が入会しているようです。その他に配偶者に先立たれた・孤独死を防ぎたいといった理由が多く見られます。

結婚相談所はさまざまな年代の人が利用しているので、出会いの場を広げられるメリットがあります。成婚まで至らなくても、異性の友人を作れる可能性が高いです。また、単純に結婚相談所で多くの人と積極的に会うことで、寂しさを紛らわすことができます。ちなみに、老後の暇な時間を有効活用するために、利用している人も多いです。

若い世代向けの結婚相談所によっては年齢制限によって入会できないリスクがあるため、50代以上の利用者が多い結婚相談所を選ぶ必要があります。散歩や読書など、話のネタになる趣味を持つことも結婚を成功させるポイントです。

自分の当てはまる年齢のメリット・デメリットを確認しましょう!

このように年齢によって結婚相談所を利用するメリット・デメリットはさまざまです。しかし、全体的にデメリットよりメリットの方が豊富に存在します。結婚相談所は出会いの場を広げ、上手くいけばスピーディーに結婚できる可能性があります。多くの人と出会うことで、自分を磨けることもメリットの1つです。最近は年の差カップルが多いため、40~60代でも結婚できる可能性は十分にあります。是非結婚相談所に入会してみるといいでしょう。

お読みいただきありがとうございました。

 

横浜結婚相談所マダカナ

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@