Now Loading...

ブログ

お見合い結婚は離婚率が少ない!良縁を探すなら結婚相談所へ

 

3組に1組の夫婦が離婚していると言われる現代において、婚活中の方にとって結婚後の家庭生活をうまくやっていけるかどうかということは、特に意識してしまうところです。せっかく念願の結婚生活が始まったというのに、「こんなはずじゃなかった」と離婚に至ってしまうような結果にならないよう、婚活中にはできるかぎり気をつけたいものです。

これから婚活を進めるにあたって、恋愛結婚とお見合い結婚での離婚率の違いやその原因を探り、それをもとに良い結婚を叶えるための心構えも考えていきましょう。

恋愛結婚とお見合い結婚の離婚率はどれだけ違うか

恋愛期間を経て、好きな相手とお互いにずっと一緒にいたいと願い結婚に至るという素敵なイメージを持たれる恋愛結婚ですが、実はこの恋愛結婚、お見合い結婚に比べると離婚率が4倍も高いようなのです。日本人の離婚のうち、恋愛結婚をした夫婦の離婚率は35~40%、お見合い結婚をした夫婦の離婚率は10%だと言われているのが現状となっています。

離婚の動機として一番多いとされるものが性格の不一致で、それに続いて、暴力や精神的な虐待、浪費、生活費を渡さない、異性関係のもつれ、酒の飲みすぎなどが挙げられます。これらの動機のうち、結婚生活に至るまでの交際期間にはなかなか気づきにくいものもあるでしょう。

しかし、好きで結婚を決めている恋愛結婚を含めても、一番多い動機が性格の不一致というのは驚きの事実です。そういった意味でも、恋愛結婚よりお見合い結婚の方が離婚率が少ない結果となるというのはさらに不思議に思えてしまうところです。恋愛結婚とお見合い結婚とで、離婚率にこれだけの差が開くのはなぜなのでしょうか。

一見すると理想的に思える恋愛結婚に憧れを抱く方も多いのでしょうが、離婚することなく、末永く夫婦円満に暮らしていきたいと切に願う方にとっては、もしかしたらお見合い結婚の方がむしろうまくいくのではないかという希望すら湧いてきます。

 

恋愛結婚はなぜ離婚率が高いのか?

恋愛結婚において、結婚を夢に抱きながらお付き合いしている間はラブラブだったカップルも少なくないでしょう。それなのになぜ、結婚生活がうまくいかなくなってしまうのでしょうか。

夫婦によって様々な原因があるのでしょうが、よくあるものとしては、恋愛中はあくまでも恋愛を楽しんでいた面が多く、実際の結婚生活についての冷静な考え方ができていなかったことが考えられます。

また、結婚前は好きだった相手を、結婚生活を続けていくうちに愛せなくなってしまったという感情の変化の問題もあるでしょう。結婚生活が始まると、恋愛中の甘い関わりだけでは済まされず、料理や洗濯、掃除などの家事に加え、お金のやりくり、お互いの両親や親せきとの関わり合いなどの義務的な事柄や責任が発生します。

これらのことは実際に一緒に生活をしてみないとわからないため、甘い恋愛期間との落差が激しく、それによって感情的にも冷めてしまうということが多いのではないでしょうか。

恋愛結婚においては、若い年齢で結婚に至るケースも多く、無計画なできちゃった結婚もありますので、精神的に大人になりきれていない男女が現実の壁にガツンと突き当たり、結婚生活を続けていくのが困難になるケースもあります。

お見合い たくさん

お見合い結婚はなぜ離婚率が低いのか?

恋愛結婚に比べ、恋愛期間のないお見合い結婚は、感情の盛り上がりがなく淡々とした結婚生活が始まるイメージがありますが、それがなぜ離婚につながりにくい結果となっているのでしょうか。

一つは、最初から結婚生活を意識して自分にぴったり合う相手を探すことで、結婚するということについて冷静に相手を観察しながら判断できるからです。結婚相談所からの出会いだとしたら、相手も登録する段階で理想的な結婚生活を意識しているため、出会ってすぐに結婚についての話し合いをすることができ、お互いの結婚像や生活に対する価値観などを照らし合わせることができます。

また、婚活を始める方はある程度の年齢に達している方がほとんどなので、精神的にも大人になっている者同士で慎重に話を進めることができるのです。

そして、恋愛結婚ではカップルである二人だけで盛り上がり、周りの意見を聞く機会というものがほとんどないことに比べると、お見合い結婚の場合は、第三者の目が必ず入ります。両親の意見はもちろんですが、仲人やスタッフ、カウンセラーなどが客観的な視点からアドバイスをしてくれるので、さらに冷静な判断が促されることになるでしょう。

恋愛感情については、恋愛結婚では好きになるのが先であるというのに比べ、お見合い結婚では結婚から始まってから気持ちを温めていくということになりますから、そこがすべてのスタートになります。甘い恋愛期間を持たないことで、過去と比較することなく、結婚生活から始まる穏やかな愛情を育む形が、良い関係を築いていけるポイントでもあるかもしれません。

 

お見合い結婚でも離婚する場合はどんなケース?

これまでは恋愛結婚に比べてお見合い結婚の良い点を考えてきましたが、離婚率が低いとはいえ、もちろん離婚する人がまったくいないわけではありません。ぴったりと条件や価値観の合うはずの相手と出会えたというのに、離婚に至ってしまうのはどんなケースが考えられるのでしょうか。

これは、やはりどんな相手であっても、実際に生活をしてみなければわからない部分が必ずあるという点からして、出会った最初の段階だけですべてを見極めるのはどうしても難しいからなのです。

結婚相談所を利用した際、相手が決まった場合に3ヶ月ほどの交際期間で結婚を迫られることが多いところも一つのポイントです。余計なことをあれこれと考えて機会を逃してしまう前に結婚してしまえるというメリットがある一方で、相手のことをよく知らずに結婚生活が始まってしまうのが難点になります。

交際中、結婚そのものにばかり目を向けて、相手との話し合いや二人のプライベートの時間をおろそかにしてしまうと、結婚後に実際の価値観のズレなどが出てきてしまうこともあるでしょう。

これについては、恋愛結婚でもお見合い結婚でも同じことが言えます。結婚を意識した時点で、相手のことをきちんと知るということがいかに大事かという点が問われていると言えます。

任せて安心 結婚相談所

 

結婚相談所で相手を探す際に気をつけたいこと

婚活を進める上で、良い縁を見つけるために結婚相談所を利用するのは大変有効です。多くの異性の中から、お互いの結婚に対するイメージや生活の価値観、趣味や性格などの様々な面でぴったりと合う相手を見つけることが可能です。

ただ、結婚相談所でそのような相手に出会えたと思っても、上記のように実際の結婚生活が始まるとやっぱり合わなかったという事態が起こることもあります。

そのリスクを少しでも減らすためには、わずかであっても与えられた交際期間の中で、相手とじっくり話し合ったり出かけたりする機会を持ち、本当に自分と一緒にうまく生活していけるのかどうかを見極めることはとても重要です。

どんな形の結婚でも同じですが、自分をよく知ってもらうこと、そして、相手をよく知ることを常に心掛けて婚活に臨みましょう。

離婚率の低いお見合い結婚のすすめ

結婚はスタートであり、そこからは、たった一人のパートナーとの長い人生が続きます。今の時代において出会いの場は多岐にわたり、恋愛結婚に比べるとまだまだ少ないものの、結婚相談所などを通しての出会いの機会は増えてきています

現代の日本での離婚率を考えると、恋愛結婚が必ずしもうまくいくという結果には至っていません。したがって、自分自身で冷静な判断を行い、先をしっかりと見つめながら自分にとって一番良い結婚相手を探していくことは、一度きりのかけがえのない人生を歩んでいく上で、とても大切になると言えるでしょう。

お読みいただきありがとうございました。

 

横浜結婚相談所マダカナ

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@