Now Loading...

ブログ

相場はいくら?結婚相談所の料金体系を紹介!

結婚願望が強いながらも、なかなか良い出会いの機会がない方にとって、気になる存在なのが結婚相談所です。しかし結婚相談所は色々と費用がかかるのでは、というのが一般的なイメージです。結婚相談所の相場は一体いくらくらいで、具体的な料金体系はどうなっているのでしょうか。今回は結婚相談所の料金体系などについて紹介します。

相場はいくら?結婚相談所の料金体系を紹介!

まずは入会時に入会金を支払う!

結婚相談所の料金体系は、大きく分けて入会金、月会費、成婚料という三つの費用で成り立っています。まずは結婚相談所には入会金を支払わなくてはいけません。

結婚相談所によって初期活動費、登録手数料、ファイル作成量などと色々な名称がありますが、要は結婚相談所に入会すると決めて必要書類に個人情報を記入した後の、最初に結婚相談所に支払う料金が入会金です。

スポーツジムや英会話教室などでも同様に入会金を支払いますが、スポーツジムの入会金の相場が1〜3万円といわれている中、結婚相談所の入会金は10万〜20万円という決して安くない費用を支払います。

このように高く設定されている料金体系が、敷居が決して低くないという結婚相談所のイメージをつくっていますが、料金が高いのには理由があります。

結婚相談所では、同じく入会している異性を紹介するだけでなく、さまざまなサービスを提供してくれます。入会した方は、ただ名前や年齢などの個人情報を登録するだけでなく、趣味などの細かい情報を結婚相談所の婚活の専門家であるアドバイザーに伝えます。

そして異性が興味を持ってくれるような魅力的なプロフィール作成を、アドバイザーと一緒につくりあげるのです。また心理学を用いた自己分析、婚活を促進させるための講座の開催など、あらゆる婚活サポートを施してくれます。

アドバイザーによるカウンセリングやミーティング、婚活のスケジュール作成など、結婚というゴールへ向けて細かい指示をしてくれる場所が結婚相談所です。そしてその充実した内容は、決して安くない料金によって成り立っています。

細かいサービスを実施するためにその資料となるプロフィール作成は、かなりの時間がかかります。しかしプロフィール作成の完成度が高いほど、理想の異性との出会いのチャンスが待っているのです。

婚活中は払い続ける月会費

入会金の支払いが終了すると、次にかかる費用が月会費です。月会費は文字どおり月々に支払う費用です。結婚相談所に所属して婚活を続けるうちは、この月会費を月に一回支払わなくてはいけません。

つまりこの月会費が婚活中のランニングコストになり、その相場は1万〜3万円ほどといわれています。月々に支払うことが決まっている月会費ですが、ほとんどの結婚相談所では休会ができるシステムがあります。

これは婚活以外にも普段の仕事が多忙で暇がない、あるいは婚活を一旦休みたいという希望がある方のためのシステムです。退会ではなく休会なので、まだ結婚相談所の会員として登録はされていますが、休会している間の月会費の扱いは結婚相談所ごとに異なります。

休会していながら月会費の支払いは続けなければいけない結婚相談所もあれば、休会中は月会費の支払いを免除しているところ、あるいは支払いは継続してもらいながらも減額のサービスがあるところもあります。

仕事などの理由でまめに結婚相談所に顔を出すことができない、あるいは仕事の出張が多い方などは、結婚相談所が指定した婚活スケジュールを普段の自分の生活と一緒にこなせるかどうか、入会前に考慮する必要があります。

なんとか普段の生活と婚活を両立させたいと思っている方でも、結婚相談所によっては休会の日数や休会できる回数が制限されているところもあるので、自分に合った結婚相談所を探すことが大事です。

婚活 風景

無事に婚約が決定!その際に支払う成婚料

婚活を続け、理想の異性と出会い婚約を果たしてゴールをむかえた時、結婚相談所に支払う料金が成婚料です。

これは弁護士事務所に弁護人の依頼をして、裁判に勝った時に事務所に支払う「報酬金」と同様の意味です。つまり婚約が決まらなくて退会した場合は、支払う必要がない費用なのです。

成婚が成立した際は結婚相談所を退会しますが、その退会時に支払うことになっています。そして成婚料は結婚相談所の料金体系の中で一番相場が定まっていない費用です。数ある結婚相談所の中には成婚料0円と設定しているところもあれば、30万円ほどの高額設定をしているところもあります。

なぜこのような差が出ているのかというと、それは結婚相談所ごとの運営スタイルに反映されているのでは、といわれています。結婚相談所によっては成婚料を0円にすることで、敷居を低くして大勢の方に入会してほしいという理由、あるいは成婚料を高額設定することで「早めに婚活を終了させてゴールインして幸せになってもらいたい」という思いから、ということも考えられます。

または結婚相談所の規模の大きさ、小ささも理由の一つとして推測できます。このように相場が不安定な成婚料ですが、長期的にじっくり婚活をしたい方は成婚料が安いところ、短期で婚活を終わらせたいという方は成婚料が高額設定の方が良い、という考えがいいかもしれません。

お見合い料などその他の費用

以上、三つの費用が結婚相談所における主な料金体系ですが、その他にも結婚相談所では費用がかかる場合もあります。

まずはお見合い料です。結婚相談所に登録をして、気になる異性を何人かピックアップしてもらい、いよいよ対面となった時に支払うのがお見合い料です。お見合いはアドバイザーからおすすめされた異性から選ぶこともあれば、自分で登録された異性の中から探して、自分からお見合いがしたいとアプローチする場合があります。

どちらの方法でも結婚相談所にてお互い会ってみたいと合意が出た時点で、お見合い料を支払います。このお見合い料は、相場は0円や5,000〜1万円ともいわれています。結婚相談所の料金体系で他の費用が安い、あるいは0円の場合は、お見合い料を取るところもあれば、普段の料金体系でしっかり支払ってもらい、お見合い料は0円というところもあるのです。

また上手くいくデート方法、異性を振り向かせるファッション講座など、各種講座を設けている結婚相談所もあり、参加するには有料となっているところもあります。そして、婚活パーティーの情報を常に提供してくれる結婚相談所もあるでしょう。

参加費は結婚相談所ではなくパーティー主催の方への支払いですが、参加費として有料になっています。パーティーはセレブな雰囲気のものからカジュアルな飲み会の延長みたいなものまで、さまざまパーティーが行われています。

この形式のパーティーは男性が多いことがよくあるため、男性が女性より参加費が高く設定されていることが多いです。パーティーの中には女性の参加費がほんの数百円に設定されているところもあります。

2018年も3月に入りました。お見合い道は今日も続きます。

費用総額0円?驚きの料金体系「結婚相談所マダカナ」

数多い結婚相談所の中で注目を集めているのが、横浜にある結婚相談所マダカナです。結婚相談所マダカナの特筆すべきことは、料金体系のプランに「0円婚活プラン」があることです。入会金、月会費、成婚料のうち、一つだけ0円に設定している結婚相談所は多く見かけますが、結婚相談所マダカナは費用すべてが0円です。

「お金がかかる」という結婚相談所のイメージを打破するために打ち出したのが、0円婚活プランなのです。0円でありながら、90,000人を超える登録者の中からお相手を選ぶことが可能です。より確実に出会いを求めている方には有料プランもあるのが特徴です。

お読みいただきありがとうございました。

 

横浜結婚相談所マダカナ

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@