Now Loading...

ブログ

お見合いで失敗しない男性の服装は?NGな服装は?

お見合いで失敗しない男性の服装は?NGな服装は?

初めてお見合いに行くとき、どんな服を着たらいいのか迷いがちです。服装はその人の人柄を表している面もあるため、初対面の女性は男性の服装もしっかりとチェックしています。今回は、お見合いを成功させるための好印象を与える服装や、イメージダウンしてしまいそうなNGな服装を紹介。この記事を読めば、お見合いの成功率もグッと上がるハズです。

お見合いの服装は清潔感とTPOが大切

初対面の相手と合うお見合いの場は、一目見た時の服装などでその人の第一印象が決まります。ヨレヨレの服や汚れた服を着てお見合いに行っては、相手に与える印象も悪くなってしまいます。素敵な男性と印象付けるためにも、清潔感のある服装を着るようにしましょう。

また、いくら清潔感があるからといっても普段着でお見合いに行くのは相手の女性に対しても失礼ですし、厳しい目で見られてしまいます。

ジーンズやスニーカー、Tシャツなどの普段着のような服は着ないようにしましょう。シワやシミなども女性はチェックしています。事前にアイロンをかけてシワを伸ばしておいたり、さらには、新しい服を買い揃えてしまったりするのも一つの手です。

お見合いの服装、基本的にはスーツがベスト

お見合いの大半は少し高級感のある場所で行う場合が多く、男性の場合、服装は幅広いシーンで対応ができるスーツがおすすめです。スーツは品良く見え、女性への印象も良いので婚活パーティーなどでもドレスコードとしてスーツが指定されている場合が多々あります。ただし、スーツも着こなし方が重要になってきます。

スーツの色ですが紺や黒などの濃い色や、チャコールグレーが基本になります。毎シーズン買い替えるのも大変なので、3シーズン着れるものを選びましょう。シャツは基本は白色になります。色物のシャツを着る場合は、ネクタイやスーツとの組み合わせに注意しましょう。

女性に好印象を与えるには、きちんと体形にあったスーツを着こなすことが大切です。サイズが合わないスーツは野暮ったく見え、実際の年齢よりも老けて見られてしまうこともあります。もし体形に合ったスーツがない場合は、合うサイズのスーツを揃えるようにしましょう。どんなスーツが似合うか不安な人は、店員さんにアドバイスをもらうのもおすすめです。

ジャケットとパンツの組み合わせも人気

ジャケットとパンツの組み合わせも人気

最近のお見合いでは、スーツ以外にもジャケットとパンツの組み合わせも、男性の服装として人気です。ジャケットの色を選ぶ際は、派手な色ではなく黒や紺色の無地やチャコールグレーなどの濃い色を選ぶと、清潔感があり上品な印象になります。ワイシャツは白や淡いブルーを選ぶのがおすすめです。

ジャケットとパンツの服装はノーネクタイでの着こなしが基本になるため、シャツは襟の高さがるものを選ぶとボタンを外した時に綺麗に見せてくれます。また、パンツは細身のチノパンタイプを選ぶようにしましょう。ジャケットが濃い色なので、パンツを明るい色にすると、女性への印象も柔らかくなり好印象です。綺麗めカジュアルなイメージですが、ジーンズはお見合いにはNGなので注意してください。

服装はサイズ感も重要

男性が服装を選ぶ際にやってしまいがちなのが、オーバーサイズを選ぶことです。ラクに着られるため自分のサイズよりも大きめを選んでしまいがちですが、スーツやジャケットをオーバーサイズで選ぶと、お見合いの席で女性にだらしがない印象を与えてしまうことにもなります。お見合い用の服装を選ぶ時は、自分の体に合ったジャストサイズを選ぶようにしましょう。

まずジャケットですが、着た時に肩口が落ちている場合はオーバーサイズです。肩の部分をつまんだ時に、1cm程度のゆとりがあるものを選び、袖は手首にかかるくらいの長さがベストです。着丈もお尻が隠れる程度の長さのものを選ぶのがおすすめです。

次にシャツですが首回りは指1本分、胸囲や胴囲は腕を上げたときにダボダボしない程度が綺麗に見えます。袖の長さは手首が隠れるくらいのものを選ぶようにしましょう。

最後にパンツですが、お尻周りがゆとりがないタイプがすっきりと見えるため、若々しい印象を与えてくれます。あまりきつくても着づらいので、モモ周りは指でつまめるくらいの細身のパンツを選びましょう。ウエストは腰回りに少し余裕があるくらいのものを選ぶと、不自然なシワが付きにくくなります。また、股上が深いと老けた印象を与えてしまうので、股上は浅めのタイプを選ぶのがおすすめです。ただし、スキニータイプのパンツは逆に細すぎてしまうので、膝から裾にかけて細くなっているテーパードタイプのパンツを選ぶのがポイントです。

好印象を与えるには、小物も大事

好印象を与えるには、小物も大事

ここまでスーツやジャケットの着こなしを紹介してきましたが、お見合いの席で好印象を与えるのは服装だけではありません。カバンや靴などの小物類も女性はしっかりとチェックしています。せっかく揃えた服装を台無しにしないためにも、小物選びもしっかりと行いましょう。

おしゃれは足元からと言われていますが、靴選びも大切です。靴は革靴が良いですが、普段履いていて履きシワや傷、汚れがあるものはNGになります。お見合い前に綺麗に汚れをふき取るか、相応な革靴が無い場合は、新しい革靴を用意しましょう。革靴の色は、黒かこげ茶などがベストです。

靴先に向けて細くなっているタイプを選ぶと、スッキリとした印象を与えてくれます。足元で気を付けたいものでもう一つ、靴下があります。座ったときに見える靴下が白いと、服装とのバランスが崩れダサい印象を与えてしまうことがあります。靴下は、紺か黒などを履いていくようにしましょう。しかし、黒や紺だからといって、色あせてしまっているものを履いていくのはNGです。

その他にも気を付けたいのがバッグです。普段カジュアルな恰好しかしない人で、ボディバッグやバックパックしか持っていないという人もいますが、お見合いのフォーマルな服装には、カジュアルなバッグはNGです。また、セカンドバッグも老けた印象を与えてしまうため好ましくありません。お見合いの際は、ブリーフケースのような薄めの手提げカバンを持つのがおすすめです。普段カバンを持たずに財布などはポケットに入れる人も、ブリーフケースに入れ、ポケットはスッキリと見せるようにすると女性にも好印象です。

ジャケットやパンツの素材にもこだわる

女性に好印象を与えるお見合い時の男性の服装ですが、素材にこだわるもポイントです。上品な大人の男性を印象で女性に好意を持ってもらうためにも、それぞれの素材を重視してみましょう。

例えばジャケットとパンツのスタイルの場合、ジャケットはウール素材のものがおすすめです。綿素材のジャケットよりもウール素材のものの方が大人っぽい印象になり、女性への印象も良くなります。また、シャツは、化合繊維のものより綿素材の方が高級感が出ます。加えて、綿素材は厚みがあるため、体のラインを綺麗に見せてくれる効果もあります。

パンツは綿素材のチノパンがおすすめです。細身のタイプを選ぶことで、体のラインを綺麗に見せてくれます。

おしゃれに着こなして好印象を

おしゃれに着こなして好印象を

お見合いに着ていく際の服装は、初めて会う女性に自分がどんな男性か知ってもらうための大切なアピールポイントでもあります。ヨレた服やTPOに合わない服装は、第一印象も悪くなってしまいます。清潔感のある大人な男性をアピールするためにも、お見合いはスーツやジャケットとパンツスタイルで行きましょう。

また、サイズが合っていない服装は、だらしない印象を与えてしまいます。お見合い前にはしっかりとサイズをチェックし、体形に合った服装を選ぶことが重要です。服装と一緒に小物選びにも注意しましょう。

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

 

関連性の高いエントリー

婚活で相手に好印象を与える服装
お見合い写真で好印象を与える3つのポイント【男性編】【女性編】
【お見合いマナー女性篇】マナーからテクニックまで解説!

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@