Now Loading...

ブログ

お見合いの成功率ってどのくらい?

結婚相談所マダカナ仲人の間(はざま)です。みなさんはお見合いと聞いて、どのようなイメージを抱きますか?親の決めた相手との結婚、上司の話を断りきれずに、自然な出会いではない…なんてネガティブな印象を持つ方もいるのではないでしょうか?しかし、実際はお見合いをきっかけに出会い結婚して幸せな家庭を築いた人も多数います。そんなお見合いの成功率ってどのくらいなのでしょうか?5分程度で説明します。

お見合いの成功率ってどのくらい?

現代のお見合いはお見合はカジュアルそのもの!その成功率は?!

振袖を着て、個室で和食割烹料理を食べた後、「あとは若い人たちで。」なんて促され、庭園を練り歩く。そんなドラマのワンシーンのようなお見合いだけではありません。現代のお見合いで主流なのはお2人で出会うもっとカジュアルなものです。

「カジュアルなお見合い」とは婚活を支援サポートしてくれる結婚相談所が主催しているものがほとんどです。結婚を目標とした男女が出会いを求めて参加するので「結婚前提」のお付き合いができる相手と出会うことができます。そのため、結婚したい人には1番の近道と言えるかもしれません。

さて、冒頭で触れたお見合いの成功率、一体どのくらいなのでしょうか?その答えは「人それぞれ。」が正解となります。なにそれ?!とお思いでしょうが、残念ながらそれしか答えようがないのです。

例えば、実際に何度お見合いをしても次に繋げることのできないAさんのお見合い成功率は0パーセントとなります。逆に、初めてのお見合いで結婚相手となる人と出会い、結婚したBさんは成功率100パーセントと言えます。ですから、その成功率は「人それぞれ。」さらに言うなら「自分次第。」といったところでしょうか。

お見合い成功率を上げるには?!過去が邪魔していたMさんの場合(パーティーの一コマ)。

お見合い成功率を上げるには?!過去が邪魔していたMさんの場合(パーティーの一コマ)。

では、人それぞれのお見合い成功率、その違いは一体どこにあるのでしょうか。ここからは実際にあった体験談をもとに紐解いていきましょう。今回はお見合い8回目にして、婚活する上で自分に足りないものに気づいたMさんのお話をしたいと思います。

Mさんは30代前半の黒髪の清楚な雰囲気の女性でした。わたしの目から見ても可愛らしいルックスで引く手あまたかなと思ったのですが、なかなかうまくいきませんでした。お見合い会場で見てみると、開始直後は男性と会話をされていますが、最後の方は集中力を欠いていることがよく見受けられます。8回目のお見合いのあと、Mさんの話を聞いてみると意外な問題点が見えてきたのです。

Mさんは幼い頃から男性にモテるタイプだったそうで、若いときには彼氏が途切れることなく居たそうです。その華々しい過去がMさんを上から目線にしていたのでしょう。話をしていても男性側から「嫌みな女。」と思われてしまったようです。そのことに全く気づいてなかったMさん。9回目のお見合いでは謙虚さを大切にして、男性の話をきちんと聞いたり、こちらから声を掛けるなどして、男性任せにせず、積極的にお話をされていました。その後、Mさんは見事成婚されました。

このようにモテていた過去が成功率を下げる場合があるのですね。Mさんは謙虚さを持った結果、良い相手に巡り会えました。

運命の人を見逃さないで!条件にこだわり過ぎたTさんの場合。

運命の人を見逃さないで!条件にこだわり過ぎたTさんの場合。

次は希望条件についてのお話です。

20代後半のTさんは事務職をされていて、とても聡明な雰囲気の女性。どうして成婚に至らないのか不思議でした。しかし、Tさんはお見合いパーティーをしてもお話をする前に希望条件と外れていると分かると相手を知ろうともしませんでした。

Tさんの条件とは高収入・高学歴・高身長ならぬ、好ルックス。いわゆる3高ですね。その条件に1つでも外れていると男性から話かけられてもうわの空。もちろんそんな状況ではなかなか相手を見つけられません。何回かのお見合いパーティーを終えたあと、Tさんにこう切り出しました。

「絶対に譲れない条件は何ですか?」と。婚活する女性が増えた昨今、Tさんにとってはライバルが多いのと同じこと。条件ばかりで相手をみるのはやめましょうとお伝えしました。するとTさんは「お金に困らない生活がしたいです。」とすぐに答えてくれました。その後のお見合いパーティーでは高収入の男性にしぼり、他の面は多少違っていても色々な男性とお話してみることにしたTさん。驚くことに、結局一般的な収入額の男性と結婚しました。

このように、自分の条件ばかりに目を向けてしまい、本当に相性の良い相手を見失う可能性があります。お見合いパーティーにおいて、希望条件はもちろん大切です。しかし、そればかりにとらわれず色々な方との結婚の可能性を感じてみてください。条件は合わないけど、とても話が合う、一緒にいて安らぐ…こんな人と結婚したら幸せなのかな?なんて人と出会って、自分の条件自体が変わって来ることもありますよ。どうか柔軟に出会いを求めて欲しいと思います。

自分の理想の結婚を求めすぎたOさんの場合。

自分の理想の結婚を求めすぎたOさんの場合。

最後は、結婚に対する理想や価値観についてです。

30台前半の少しふっくらとした体型のOさんは料理が大好きで家庭的な雰囲気。結婚はこうあるべきという考えがしっかりしている女性でした。結婚式はこんなイメージ、結婚後は専業主婦になって家事を完璧にこなして家族を支えたい、マイホームは新築一戸建てで、子どもは2人欲しい。ペットは犬がいい。年に一度は家族旅行をする…それはまさにOさんのご両親の結婚生活そのものでした。

Oさんは今でも仲の良い両親のような家庭を築きたかったのでしょう。Oさんの理想の家庭像について、もちろん否定はしませんし、人それぞれだと思います。しかし、結婚とは相手がいるもの。実際に「結婚後も働いて経済的にも支えて欲しい。」「マンションに住みたい。」という男性もいます。結婚に対する価値観は皆違うものなのです。そのためOさんには結婚に対する理想や価値観は2人で少しずつ擦り合わせていくものだと伝えました。

Oさんは自分と結婚に対する考え方がまったく同じ人を求めることをやめて、相手の意見も聞いてみるようになりました。現在、Oさんはその後のお見合いで意気投合した年下の男性と結婚し、兼業主婦として家族を支える毎日を送っています。理想の結婚とは多少違ったが、Oさんはとても幸せだと言います。

このように結婚し、家庭を築くことは相手がいることなのです。頭では分かっていても、いつの間にか自分の考えを押し付けてはいませんか?それは理想の家庭像や、結婚の価値観だけに限りません。結婚し、共に生きていくにはお互いの意見を尊重して、妥協点を見出すことがとても重要になるのです。

お見合いの成功率を上げるには誰かと悩みを共有することも大切です。

お見合いの成功率を上げるには誰かと悩みを共有することも大切です。

上記の3名の女性の体験談からお見合い成功率は自分次第でいくらでも上げられることが分かりました。自分の意識や行動を少し変えるだけでお見合いは成功し結婚に至ります。3名の女性がお見合いやパーティーを成功させた1番の理由はなんでしょうか?

それは周囲の話に耳を傾けたことではないでしょうか?婚活中は焦りや不安がつきもの。何が正しくて何が間違っているのか分からなくなり、自分はこのまま誰とも結婚できないのではないかと落ち込む日もあると思います。

しかし、婚活のサポートや応援をしてくれる人が周りに必ずいます。それは親でもいい、今回のように結婚相談所の人でもいい。信頼のおける人に悩みや自分がつまずいている壁について打ち明けてみてください。きっと、自分には見えなかった問題点が浮き彫りになるはずです。その意見を素直に聴くことこそが、お見合い成功率を上げ、結婚相手との出会いに導いてくれるはずです。

 

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

【お見合いマナー女性篇】マナーからテクニックまで解説!
結婚相談所のデートテク!相手との相性を見極めるポイント
今さら聞けない、お見合いのマナーとルールの決定版!

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@