Now Loading...

ブログ

お見合いに申込みは相手の条件を見て判断すべきか!?

【ご質問】

お見合い申込みに関して質問です。私は40代高卒の会社員です。バツイチですが子供はいません。再婚を考えて結婚相談所に登録しています。お見合いの申込みをしたいのですが、今どきの女性は大卒の方が多く、高卒の私から申込む場合はお相手も高卒が良いでしょうか?よろしくお願いいたします。(原文ママ)

お見合いに申込みは相手の条件を見て判断すべきか!?

【回答】

40代高卒の会社員さん。ご質問をありがとうございます。ご質問の主旨は「お見合いの申込みは相手の希望条件を加味して行うべきか?」という事だと思います。

ズバリお答えしますと、気にする必要はないと思います。なぜなら過去に希望条件外のお相手とご縁がありご成婚された方がたくさんいるからです。

結婚相談所の婚活は条件から入る婚活です。たまたま習い事やサークルで隣にいた異性と恋愛に目覚めるパターンとは180℃違います。その意味では、お相手の希望条件はとても大事です。

しかし、その希望条件をプロフィールに記入する際に「絶対的な条件」と「とりあえず的な条件」の2パターンがあるように思います。つまり、希望条件に「大卒以上」と入れては見たものの、とりあえず入れてみたという「絶対的な条件」ではないケースも散見されます。

このケース。遠慮してお見合いの申込みをしないのは勿体ないです。もしかするとご縁がある方かもしれないからです。

今回いただいたご質問の「学歴」以外に似たようなケースで「年齢」があげられます。

例えばお相手の希望条件に「40歳まで」とあった場合、41歳の方が申込んでもダメなの?と言われると、そうとも言い切れません。年齢はあくまでも数字的な話で、実際は年齢とは関係ない若々しい点が重視されます。しかし、なかには年齢を絶対的な条件にあげている方もいますので、その意味では「申込んでみないとわかりません」となります。

お見合い申込みのコツ

ここでお見合いの申込むコツを伝授します。自分がお相手に求める希望条件がハッキリしている方は読み飛ばしてください。お相手に求める条件がハッキリしていない人向けのお話しです。

お見合いの申込みはランダムにするのではなく、カテゴリー分けして申込みをすると混乱せずに済むでしょう。

例えば、「30代で東京神奈川に住んでいる独身男性」を探す場合。この条件で検索すると範囲が広すぎて誰に申込んだのか後々分からなくなりますし、ご自身の好みも明確になりません。そこでおすすめの方法は

「30~35歳まで」「神奈川県在住」と条件を狭くして申込みのお相手を探す方法です。次に「36~40歳まで」「神奈川県在住」または「30~35歳まで」「東京都在住」と少しずつ条件を変えていくことでお見合い申込みの収集がつきます。

意外とランダムやその場の思いつきで条件検索する方が多いので、おすすめの方法をお伝えしました。

以上です。40代高卒の会社員さんの婚活が実りあるものになることを心よりお祈り申し上げます。

 

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

結婚相談所を上手に活用する”たった1つ”のポイントはコレです!
結婚相談所でお見合いができない女性の悩みが劇的に変わる2つのコツ
【男女別】お見合いを失敗しないために心がけておくべきマナーとは!

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@