Now Loading...

ブログ

お見合いや縁談の断り方はこれだけ知っておけば大丈夫!

お見合い 断り方

【相談内容】

36歳の婚活している男性です。お見合いの断り方について相談です。

僕はここ3か月で5かいお見合いしましたが、断られることもありましたが、お断りしたこともありました。

相手を傷つけないような断り方はどんな理由をみなさんどうされているのか教えてください。よろしくお願いいたします。

【回答】

お見合い・縁談は『断り方』こそ難しいとおっしゃる人がいます。仲人という立場で何度も断りに立ち会いますが「この断り方はお相手も傷つけることなくスマート」と私が思ったものは

・「〇〇さんは大変魅力的で素敵なお人柄でしたが、私の一身上の都合でお断りをさせてください」

というものです。

「一身上ってなによ?」と一瞬思いましたが、この断り文句の優れているところは、断る理由を相手のせいにしていないところです。「私の一身上の都合で」と言われたら断られる側も「仕方がない」と諦めがつきます。

たった1時間のお見合い・縁談のなかにでもお相手の人柄がわかることはあります。(だからこそお見合いをするわけです)短い時間ですが「合わない」と思うことがあるからこそ、そのお見合いを断ります。

それは間違っていませんが、お相手にはお相手のご事情もありますので配慮した断り方をすればお相手も傷がつくことがなく次へ進めます。そこに罪悪感を持つことはありません。

まとめ

繰り返しますが、大切なことはお相手に対する礼儀です。

そのお相手とお見合いをするまでのご縁はあったわけです。
ですから断るにしても、お互いにいいお相手が見つかるように思いやりを持った断り方をすればまったく問題はありません。

結婚相談所でお見合いを組む場合は、基本的にお断りは仲人を通じて断ります。少しでも断る側断られる側のクッションになる役目でもあります。

読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

お見合いの断り方!どうすれば失礼にならない?
結婚相談所のデートテク!相手との相性を見極めるポイント
婚活中の相手を傷つけない効果的な断り方とは

マダカナ問い合わせフォーム