Now Loading...

ブログ

婚活中の相手を傷つけない効果的な断り方とは

婚活をしている人全てが出会った人と上手くいくわけではなく、時には自分には合わないと感じるケースも少なくありません。とはいえ、断る上で相手を傷つけない言葉の選択や態度を取るというのは簡単なようで難しいのが実情です。そこで今回は、婚活におけるスムーズな断り方とその決断の重要性について詳しくご紹介していきます。

婚活中の相手を傷つけない効果的な断り方とは

他の人との縁を理由にする

婚活での断り方として比較的多くの人が選択するのが別の人との縁を持ち出すパターンです。もしその人との縁を感じないのであれば、遠まわしに別の人との繋がりがあることを匂わせて自分だけが対象ではないということを気付かせることが重要になります。一見すると当たり前のように思われますが、当たり前だからこそ相手を傷つけずに断れるというメリットに繋がるのです。

婚活は一人でも多くの人との接点を持って、その中から最良の相手を見つけることが成功への鍵と言っても過言ではありません。

これは全ての人に共通する考えなので、他の人と縁を理由にしても悪い印象を与えずに相手の納得が得られます。とはいえ、人によってはいきなりこの話を持ち出すと気分を害してしまうケースもあるので注意が必要です。そのため、遠まわしに他の人との縁があることを匂わせつつタイミングを見計らって断る形がスマートと言えます。

自身に非を認めて誠実に気持ちを伝える

相手との交際を断る上で忘れてはいけないポイントの一つが自身の非を相手にしっかりと伝えることです。中には自分の気持ちが一番重要と自分本位な考え方で相手の申し出を断ってしまう人も少なくありません。しかし、自身の意思で断る以上はそれがどういった理由、状況であっても自分の身勝手な選択であることに変わりはないのです。

これは婚活に限らず全てのケースに当てはまりますが、相手の気持ちに反した断りを入れる時は例え自分に非がなくても自分が悪いという気持ちで話をすると円滑にことが進みやすいです。

相手は結婚を考えながら貴重な時間を自分と過ごすために割いているので、それについて申し訳ないという気持ちを持って断ることが必要になります。

言葉選びの例としては「せっかく自分のために大事な時間を使ってもらったのにすみません」や「自分の身勝手でお断りをしてしまって申し訳ありません」と言った言い方がおすすめです。

相性の良し悪しを理由にして断る

相性の良し悪しを理由にして断る

婚活では相手の収入を含めた将来性の見極めも重要ですが、それ以上に大切になるのが相手の人柄です。結婚をするとなれば当然共に生活を送ることになるので、考え方や一緒にいて居心地が良くなければ結婚生活が辛い物になってしまいます。相手からの交際を断る時にこういった相手の内面を理由にする方法もおすすめの選択方法の一つです。

断る時にハッキリと相手の悪い部分や欠点について指摘するのは最もやってはいけない断りの一つとされています。しかし、この方法は相手の欠点ではなく良い面を理由にしているため相手に対して失礼に当たらないのがメリットです。どんな人でも自分の良い部分を評価されれば悪い気はしないので、しっかりと相手の魅力についてしっかりと伝えることがスマートな断り方のポイントになります。

言葉の選び方としては「素晴らしすぎて自分にはもったいない」「自分には高嶺の花過ぎて釣り合いが取れない」といった内容がおすすめです。ただし、あまりに自分を卑下し過ぎてしまうと逆に嫌味な印象を与えてしまうので気を付けなくてはいけません。

距離を取って相手に気付かせて意思表示をする

人間は十人十色と言うように、それぞれに個性や考え方が違うので、必ずしも言葉による選択が全てとは限りません。相手によっては言葉の選択よりも態度で気付かせる方が効果的なケースもあります。

もし相手との付き合いが浅い関係であれば、仕事やプライベートの用事が忙しさを理由に一緒に会う時間を作らないようにすれば相手に脈がないと気付かせることが可能です。しかし、ある程度親密な関係になっている場合は、理由もなく突然距離を置いたり、避けたりするような態度を取ってしまうと相手を傷つけるのはもちろん、自分の印象も悪くなってしまいます。

こういった時は、日常的なメールなどのメッセージのやり取りでの返信を遅くしたり、電話で話す時間を短くしたり頻度を少なくして徐々に変えて行くことが大切です。

脈がないと気付かせながら相手を傷つけないように距離を取っていく、一見すると難しい方法のように感じるかもしれません。しかし、断る時に言葉の選び方や会話の流れによってはトラブルに発展してしまう場合もあるので、自然な形で距離が取れるこの選択は全ての人に有効と言えます。

相手との良好な関係を残すスマートな断り方

相手との交際を断る時に跡腐れなくするために関係を全て断ち切ってしまう人も少なくありませんが、婚活においてはこの方法はマイナスになってしまうこともあります。前述したように婚活はたくさんの人との出会いを経験して自分の最良のパートナーを見つけていくことが成功の秘訣です。

婚活成功者の中には、大勢の人との関わりを経験した上で結局最初に出会った人が最も自分に相応しかったと後々気が付いてそこに戻って結ばれるというパターンも少なくありません。関係を全て断ち切ってしまうとこういった状況になった時にその選択ができなくなります。

そのため、恋人ではなく友人としての付き合いをしていきたいと伝えることが大切です。これは相手に少なからず希望を抱かせることにも繋がる傷つけない断り方の一つとも言えます。この説明を読んで相手をキープしているだけじゃないかと感じた人もいるかもしれません。しかし、これは相手にも友人関係でいることや再度の交際の申し込みがあった時に選択をする自由があるのでけして自分本位な断り方ではないのです。

小細工をせずに直接ハッキリと断る

小細工をせずに直接ハッキリと断る

シンプルでわかりやすい選択でありながらも、最も難しいと言えるのがハッキリと相手に伝える断り方になります。婚活者の中には、結婚を焦り過ぎてしまっていることで相手の気持ちを考えずに自分の気持ちを押し付けたり、強引に迫ったりしてしまう人もいるのが実情です。

距離を取るために連絡を遅らせたり誘いを断ったりしても、その真意に気付いてもらえずに一方的に連絡を送られてくるというケースも少なくありません。自分本位になっている人には遠まわしにそれとなく気付かせるのではなく、ハッキリと自分の意思を伝えて断ることが重要です。ここでいうハッキリとした意思とは交際をする気持ちがないという意味で、当然相手は納得できる理由を求めてくるので事前に考えておく必要があります。

人によってはハッキリと断られることで傷つくパターンもありますが、曖昧な言葉で濁して相手に期待をさせてしまう方が結果的に傷つけることにもなるのです。そういった意味で、このハッキリ伝えるという選択は、気持ちを推し量ることが苦手な人にも効果のある最もスマートな断り方と言えます。

断ることは人との関係で大切な誠意のある選択

世の中には人からの頼まれ事を断るのが苦手で自分の気持ちに関係なく損な役回りを任されてしまう人もいます。恋愛においても同様に、相手に気持ちがないにも関わらず交際を断りきれずに付き合ってしまうというケースは少なくありません。

しかし、自身に好意的な気持ちがないのに相手と付き合う選択をするのは自分にとって何のメリットもなければ、相手に対しても失礼な行為に当たります。その後の人生に影響を与える結婚を前提とした婚活であればなおさら正しい選択をしなければいけません。

婚活において交際の断りを入れるのは自分だけでなく相手のためでもあるのです。例え苦手であっても問題から逃げずにしっかりと意思を伝えることが人間関係における誠意ある対応と言えます。

お読みいただきありがとうございました。

 

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

お見合いや縁談の断り方はこれだけ知っておけば大丈夫!
お見合いの断り方!どうすれば失礼にならない?
結婚相談所のデートテク!相手との相性を見極めるポイント
マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@