Now Loading...

ブログ

【重要】婚活スタートの年齢が成婚率を左右する?

婚活という言葉が世間に浸透し始めてから、様々な婚活サービスが出てきました。利用者も増加しており、婚活サービスは結婚のための新しい手段の一つとして認知されています。婚活サービスは結婚を望んでいる方であれば誰でも利用できますが、必ず結婚できるというものではありません。成婚率を左右する要因として大きなものとなってくるのが、婚活スタートの年齢です。
婚活スタートの年齢が成婚率を左右する?

婚活は早い年齢から始めるべき?

結論から述べますと、婚活スタートの年齢は早ければ早いほど成婚率がアップします。若い女性の方が成婚率が高いのは、男性側の人気が集まりやすいためです。単純に若い女性の方が良い、という方も少なくありませんが、その他にもいくつか理由があります。

結婚後に多くの夫婦が考えるのが、出産と子育てです。このとき、女性の年齢が若ければ若いほど、妊娠は順調に進みやすくなります。高齢出産となると母子へのリスクがどうしても高くなってしまうので、結婚後に子供を望む男性はよりリスクの低い若い女性にアプローチをするのです。

子育てには体力が必要となり、それが何年間も続きます。体力がある若い女性の方が子育ての負担も減るので、真剣に結婚を考えている男性の多くは若い女性を希望します。

女性の社会進出化が活発となっている現代、年齢を重ねることで女性のキャリアもアップします。キャリアのある方は性別を問わず忙しくなり、結婚後もなかなか夫婦の時間が取れません。

子供ができた場合、女性側が主導となり子育てをして欲しいと考えている男性は少なくありません。しかし、女性にキャリアがあると、子育てに取れる時間が少なくなってしまいます。このため、年齢が高くキャリアのある女性は避けられてしまう傾向にあります。

このような理由から、婚活は早い年齢から始めることが勧められています。

女性が婚活を始める平均的な年齢

女性が婚活を始める年齢は、30代前後が平均とされています。女性にとって30歳というのは大きな壁です。30代を境にホルモンバランスが変化し、体に変化が表れてきます。

体の変化と共に同時に意識も変わる年齢で、これに伴い結婚を考える方が増えてきます。実際に婚活を始める年齢は30代前半の女性が最も多く、仕事や私生活が落ち着いてから結婚を考え始めるようです。婚活をスタートする年齢で次に多いのが30代後半で、女性の晩婚化が進んでいるのが数字で実感できます。

一方で、20代で婚活を始めるという方は少数です。20代前半での婚活スタートは最も少ない、という結果があります。20代前半という若い年齢で結婚する、という意識を持つことは難しいようです。

また、20代前半は大学卒業、就職活動など最も忙しい時期で、結婚まで考える余裕がありません。個人差はありますが、忙しい時期が過ぎ私生活に余裕が出てくるのが30代前後で、そこでようやく結婚を意識する、というパターンが多いようです。

このように、女性の婚活スタート年齢が高いのは、女性の社会進出化が大きな要因と考えられます。女性は働かず家庭に入るもの、という昔の概念が段々と無くなっていき、男女共に社会の中で活躍する機会が多くなった社会の変化が、婚活スタートの年齢にも大きく影響しているのです。

年齢 婚活

30代からでも成婚率をアップさせる方法

婚活をスタートさせる女性は30代からが最も多いと言っても、男性側に人気が集まるのはどうしても若い女性になってしまいます。30代といってもまだまだこれから、という考えの女性も多いですが、実際は年齢が上がれば上がるほど成婚率は低くなってしまいます。しかし、ポイントを押さえておけば、30代からでも成婚率をアップさせることができます。

まず、婚活を利用する場合、多くのサービスの中からどれに参加するかを選ぶ必要があります。このとき、参加の条件として女性の年齢設定が高めに設定されているところを選ぶと、成婚率アップに繋がります。婚活パーティーやサービスにも様々な種類があり、年収を条件にしいているところや、地域限定のものなど、多種多様なサービスがあります。

この中でも多いのが、年齢設定です。婚活を始める女性は30代前後が多いことから、サービス提供側もより多くの利用者を取り込むために、年齢制限を30代前後で設定したパーティーを開催することが多くあります。女性側の年齢の条件設定は、参加する男性側も承知しているので、30代でも問題無いという方がほとんどです。このようなパーティーに多く参加することで、成婚率をアップさせることができます。

近年では、パーティーだけでなく婚活アプリも多く提供されています。アプリは利用方法が簡単で、登録したらプロフィールを入力し、気になる男性と連絡を取り合う、という方法が基本的です。アプリ利用であればいつでもどこでも手軽にできるので、このようなサービスを積極的に利用するのも効果的です。

より成婚率をアップさせたいのであれば、複数のアプリを使うとより多くの出会いの機会を作ることができます。アプリによっても若い方が中心で使用しているものや、真剣に結婚を考えている方向けなど、それぞれに特徴があるので、自分に合ったものを探して選んでみましょう。

婚活年齢

結婚相談所を有効活用する

婚活をより効率よく高い成功率で進めたい、という方には結婚相談所の利用がおすすめです。結婚相談所は、サービスに登録して男性と出会う、というものです。婚活アプリと似ているところがありますが、結婚相談所はアプリより多くのメリットが存在します。

結婚相談所は有料登録のところがほとんどです。決して高くはないお金を払うため、男性側も結婚を真剣に考えている方が多いです。このため、良い出会いがあればそのまま結婚に繋がる、というケースも多くあります。

有料の結婚相談所ではサクラの数もごく少数なので、より効率的な出会いができます。男性の方が結婚に対して具体的なイメージを持てず消極的、ということもありますが、結婚相談所に登録している男性は具体的な結婚理想像を抱えている方がほとんどなので、30代女性でも出会える可能性は高いと言えます。

また、結婚相談所の多くは独自のインターネットサービスを展開しています。会員だけが利用できるもので、理想の相手をいつでもどこでも探すことができます。良いなと思った相手にはネット上からアプローチをすることができ、気軽に交流が可能です。相手をいつでもどこでも探せるという手軽さは、結婚相談所のメリットの一つです。

多くの結婚相談所では専門のカウンセラーが付きます。なかなか上手く婚活が進められないというときや、婚活をしている中で悩みがでたときに気軽に相談できる存在です。婚活に特化した専門のカウンセラーなので、婚活独特の相談でも的確なアドバイスを貰うことができます。

一人で悩みを抱えていると解決に至るのが難しいこともありますが、カウンセラーという他人に相談することでストレスを緩和できたり、解決の糸口を見つけることができます。

様々なサービス内容を提供している結婚相談所の利用は、婚活女性にとって成婚率を上げる有効的な手段です。30代女性でも、結婚相談所を有効的に活用することで、結婚に一歩近づくことができます。
婚活年齢

まとめ

婚活の年齢は若ければ若いほど、男性側からのアプローチが多くなり、成婚率も比例してアップします。しかし、女性の社会進出化など、様々な理由により、婚活をスタートさせる年齢が遅くなってしまうことも少なくありません。しかし、30代からの女性でも、様々な婚活サービスを上手に利用することで、成婚率をアップさせることができます。年齢を理由に諦めず、自分の理想の結婚ができるように努力しましょう。

お読みいただきありがとうございました。

 

横浜結婚相談所マダカナ

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@