Now Loading...

ブログ

結婚相談所の男女比はどこまで参考にすべき?

現在、結婚相談所の男女比が変わりつつあります。これから結婚相談所に入会する人は、この男女比の現状をよく理解しておく必要があります。とは言え、どちらに有利とか不利というわけではありません。結局大事なのは、結婚に対する心構えです。これから婚活を始める人は結婚相談所の男女比を参考にして、婚活を積極的に進めていきましょう。

結婚相談所の男女比はどこまで参考にすべき?

男性が圧倒的に少ない!

昔の結婚相談所は男性過多の傾向にありましたが、現在は男女比が逆転し女性過多となっています。比率でいうと、男性3〜4に対し女性は6〜7の割合を占めています。結婚相談所によって男女比の違いはありますが、男性が少なく女性が多い傾向は大体どこも同じようです。

また、結婚相談所だけでなく、婚活パーティーでも男女比がこの10年ほどで逆転し、女性の参加者が多い傾向にあります。男性にしてみれば結婚相談所は穴場と言えます。

結婚相談所に入会すれば、女性との出会いが増すことは確実です。毎日同じ生活リズムで女性との出会いが少なくて悩んでいるなら、結婚相談所に入会するのもアリです。特に高収入の男性なら、結婚相談所でかなり有利に活動できます。

女性の割合が多い理由

女性が婚活を積極的に行う理由として、妊娠出産の年齢リミットがあります。女性にとって結婚は、妊娠出産と切っても切れない関係にあります。子供が欲しい女性にとって、年齢は最大の壁です。最近は高齢出産も可能になりましたが、高齢出産には様々なリスクが伴います。20代30代のうちに出産しておきたいというのが多くの女性の本音です。

また、良い条件の男性は若い女性を選ぶ傾向にあるため、女性にしてみれば若いうちに婚活しておきたい、結婚しておきたいという心理もあります。モテるうちに良い条件の男性を確保しておきたいという女性が多いのも現実です。最近は20代で結婚相談所に入会する女性も多く、婚活を有利に進めたいという女性もたくさんいます。

女性の割合が多い理由

男性が婚活に消極的な理由

男性が婚活に消極的になる理由はいくつかあります。男性は女性と違って妊娠の年齢制限がないため、焦る必要がありません。30代や40代の男性でも20代の女性と結婚することは現実的に可能です。男性は稼いでさえいれば、ある程度の年齢になっても結婚可能なので、特に焦る必要はありません。

また、最近の男性は結婚することにメリットを感じられず、自由を謳歌したいという考え方があるようです。基本的に男性には狩猟本能が備わっているため、家庭に支配されずに自由に活動したいという欲望があります。

昔は家族や親戚から結婚を急かされることもありましたが、最近はそのような風潮も薄まってきています。独身だからといって出世コースから外れる心配もありません。独身を容認する世論が強まるにつれて、男性の独身者も増えつつあります。

基本的に、男性は女性と違って結婚を焦る理由がないため、婚活に対する意識も低くなります。昔であれば世間の目を気にして結婚を急かされることもありましたが、今は時代も変わり、自分の好みやライフスタイルを優先する男性が増えています。

男性がモテモテという訳でもない

結婚相談所の男女比を見てみると、圧倒的に男性が有利のように見えますが、実際にはそういう訳でもありません。というのも、女性は男性の経歴や年収など隅々までチェックして現実的な判断を下すため、男性が少ないからといって適当に選ぶことはしません。

理想の男性が現れるまで辛抱して待つ女性が多いのが現状です。「男性が不足しているから大丈夫!」という安易な気持ちで結婚相談所に入会すると、痛い目に合うかもしれません。

男女比はあくまで参考程度にして、結婚相談所に入会する際はきちんとした心構えを持ちましょう。ライバルが少ないからといって力を抜かず、自分に磨きをかける努力が必要です。男性が結婚に対して高い意識を持てば、結婚相談所をうまく活用できます。

 

どちらにもチャンスはある!

結婚相談所の男女比は、出会う確率が多いか少ないかを表すもので、結婚できる確率ではありません。実際、結婚相談所が発表しているデータによると、成婚率は右肩上がりに上昇しているものの、男性の成婚率が上昇しているというデータはありません。

結婚相談所を活用する上で大事なポイントは、結婚の決め手になるような相手が見つけられるかどうかという点です。結婚するには、結婚するには、お互いの価値観が一致する必要があります。年齢や学歴、年収などのスペックも大事ですが、結婚する上で大事なのはお互いの性格や価値観の一致です。たとえ結婚できたとしても、性格や価値観が一致しなければ結婚生活が長続きしません。

また、婚活する上で大事なのは、今の自分の意識を変えることです。「異性の多い結婚相談所に入会すれば大丈夫」という安易な考え方は禁物です。学歴や年収が良くても、結婚に対する高い意識が低ければいつまでたっても結婚できません。逆に、スペックに自信がなくても、高い意識を持って積極的に活動すれば、いくらでも結婚のチャンスはあります。

結婚相談所に入会する際は、男女比はあくまで参考程度に捉えて、男性女性どちらもしっかりした心構えと目標を持って自ら積極的に活動することが大事です。

どちらにもチャンスはある!

男女比よりも成婚率が大事!

結婚相談所において、男性と女性どちらが有利ということはありません。誰にでもチャンスを与えてくれるのが結婚相談所の魅力です。結婚できる人とそうでない人の違いは、結婚における心構えと結婚相談所のサポート力にあります。「いつか結婚できる」と呑気に考えていると、いつまでも本命の相手に出会えません。逆に高い意識があれば自分の行動パターンも変わり、成功率が高くなります。

ただし、自分のモチベーションがいくら高くても、結婚相談所のサポート力が低ければ意味がありません。婚活するときは、こちらの高い意識に積極的に応えてくれるような結婚相談所を選びましょう。

結婚相談所を探すときは、男女比よりも成婚率をチェックしてください。成婚率が高い結婚相談所は、何かしらの理由があるはずです。サポートが手厚かったり、相性のいい相手を積極的に探してくれたり、そのような結婚相談所であれば理想の相手と出会う確率も高くなります。

また、結婚相談所のいいところは、担当者が最初から最後まで手厚くサポートしてくれる点です。相手探しからデートの設定まで、担当者が手厚くサポートしてくれるので、精神的に余裕が持てます。その他にも、結婚相談所でせっかく理想の異性を見つけても、実際に会えなければ意味がありません。

そんな時も、担当者がお互いのスケジュールを調整してデートの設定をしてくれるので、仕事の忙しい人でも婚活を継続できます。良心的な結婚相談所であれば、最初から最後まで手厚いサポートを受けられるので、仕事を諦める心配もありません。

恋愛下手の人こそ最適!

これまで一人で婚活していた人は、一度結婚相談所に相談してみるといいでしょう。実際に入会してみると、「こんなサポートを受けられるんだ」と驚くことが少なくありません。結婚相談所といっても様々なタイプがあるので、まずは無料コンサルティングを受けてみましょう。入会前にコンサルティングを受けて疑問点を解消しておけば、自分が納得した上で入会できます。

結婚相談所は恋愛に不慣れな人にこそ最適です!デートでの振る舞いや異性に好感を持たれる服装など、いろいろレクチャーしてくれる結婚相談所もあるので、結婚相談所に入会することで自分の魅力をぐっと増すことができます。これまで恋愛のチャンスがなかった人も、結婚相談所に入会するだけで、出会いの確率がぐっと増します。

お読みいただきありがとうございました。

 

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

30歳男性の1~2回のデートで交際終了になってしまうわけ!?
必見!婚活中の”3回目の婚活中デート”を意識していますか?
結婚相談所のデートテク!相手との相性を見極めるポイント

 

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@