Now Loading...

ブログ

婚活相談をLINE(ライン)で“ちょっと”相談できる快適さ

婚活相談をLINE(ライン)で“ちょっと”相談できる快適さ

聞きたいことを聞きやすくなった

結婚相談所マダカナではLINE@を導入しています。このためにお客さまからのお問合せが飛躍的に増えました。ありがたいことです。

本webサイトをご拝読いただき「ちょっとこの辺が気になるんだよなぁ。」と思わる人も多分いたはずです。「じゃあちょっと聞いてみようか」と思うことがあっても、問合せ手段が電話やメールしかないと二の足を踏んでしまいます。その結果、アクションを起こすことを躊躇してしまいます。

これは弊社にとっても、そしてお客さまにとってもすごく勿体ないことだと思っていました。貴重な接点を結ぶことができずにお互いにロスがあるからです。

今はLINE@のおかげでかなりお問合せしやすくなりました。

そこで今回の記事は、LINE@を入れて1年くらい経過しましたので「結婚相談所マダカナがLINE@をどの様に使っているのか?使っていただきたいのか?」を書いてみます。

LINE@に登録した際の鬱陶しさは?

そもそも、なぜLINE@を入れたのか?理由は大きく分けて2つです。

1、 現会員さまとのやり取りに
2、 新規に興味をお持ちいただいた人への問い合わせ窓口

ここで「あれ?」と思った人がいるかもしれません。

LINE@といいますと、ラーメン屋さんなどにある“1度登録するとメルマガが配信されるイメージ”をお持ちになりませんか。「LINE画面提示でタマゴ1個無料」「替え玉1回無料」のクーポン的な意味あいをイメージされる人も多いと思います。

もしこのイメージをマダカナのLINE@にお持ちなら・・・「それはちょっと違います!」と説明させてください。だって結婚相談所からしょっちゅうメルマガが配信されたら鬱陶しいですよね?(笑)それにそんなに配信する内容もありません(笑)。

マダカナのLINE@は1年に数回程度のメルマガを配信するくらいで、基本的には連絡手段として活用しています。だから鬱陶しさは限りなく0です。

実際にあった問合せ集

実際にあった問合せ集

私はもっとお客さまに結婚相談所を知って欲しいと思っています。マダカナだけではなく他の結婚相談所でも良いのです。それが業界全体で活性化につながるし、その先には結婚相談所を利用する人が増え、成婚率が上がっていくと信じているから。

では、もっと結婚相談所を身近に感じていただきたいので、実際にマダカナにあったLINE@お問合せ集を披露します。ぜひご参考にしてください。

「20代でも大丈夫ですか?」
「50代でも結婚できますか?」
「再婚でも登録できますか?」
「バツイチでも結婚できますか?」
「無料とのことですが、本当ですか?」
「活動等のご相談や悩みは乗ってもらえますか?」
「続ける場合の費用はどのくらいですか?」
「無料でお話し聞くことはできますか?」
「成婚率は何パーセントですか?」
「へんな会員さんいますか?」
「男女比は?」
「LINEの相談は何時まで?」
「年上の女性と出逢えますか?」
「親と同伴で説明を聞きに行っても良いですか?」
「マダカナさんの会員は何人ですか?」
「料金はずっと無料ですか?」
「職場にバレずに婚活できますか?」
「本当に出会いはありますか?」
「登録したら放置とかしませんか?」
「プロフィールは添削してもらえますか?」
「そちらに行き、直接お話を聞くことは可能ですか?」
「同じ趣味の人と出逢えますか?」
「お見合いやサービスの仕組みを教えてください」
「神奈川県でどのくらいいますか?」
「独身証明書って何ですか?」
「東京で30代の男性は何人いますか?」
「再婚を考えており1度相談に乗っていただけますか?」
「よそとの違いは何ですか?」

(全て原文ママ)

とこれはごく一部ですが、千差万別のお問合せがあります。このような短文でOKです。LINEですから主語もいりません。あなたが今思った疑問や聞きたいことをダイレクトに送っていただければ良いのです。

以上です。今回1番にお伝えしたいことは、「聞きたいことは気軽に聞いてくださいね」です。

お読みいただきありがとうございました。

 

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

【重要】横浜結婚相談所マダカナのホームページよりLINE@登録される方へ
LINEの反応でわかる。すぐに結婚する人の特徴!
結婚相談所って「入会後は放置される」ってホント?
マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@