Now Loading...

ブログ

婚活中の上手なLINE(ライン)のやりとり

婚活中の上手なLINE(ライン)のやりとり

婚活でせっかく意中の人のメールアドレスやLINE(ライン)のIDを手に入れたのに、うまくやり取りができない、どうやってやり取りすればいいのかわからない、と悩んではいませんか?

うまくやり取りができない原因のほとんどは「どんな頻度でやり取りするか?」です。以下では相手とのやり取りで気をつけるべきポイントを、メールの場合とLINEの場合でそれぞれ紹介しています。婚活でうまくいくためのメールやLINEのやり取りのコツを知りたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

メールとLINEの違いに気をつけよう

婚活で連絡先を交換する場合、スマホを持つようになってからLINE(ライン)でのやり取りは増えてきました。ですが年齢が高い方やスマホを持っていなくて今もガラケーを使っている人と連絡先を交換する場合はメールでのやり取りもありえるでしょう。

メールとLINEでは基本的にやり取りのペースや表現できることも全然違うため、相手のペースに合わせたやり取りを意識することが非常に重要です。

「表現できることが違う」と書きましたが、「メールは文章、LINEは会話」だと考えてください。メール=文章だと一方的に読ませる形になりがちですが、LINEの場合は会話なのでチャットをする感覚で、短い文章を気軽に送り合う、双方的なやり取りになっていきます。

いずれにせよ、やり取りを始めたばかりの段階はお互いの自己紹介や近況報告など、あまり深すぎず気軽にやり取りできる内容から始めましょう。

メールでのやり取りで注意することは?

それではメールで気をつけることはなんでしょうか?

LINEと違って会話形式にはなりづらく、若い世代だとメールよりもLINEをメインで使っている人が多いので、ここでも相手にペースを合わせるように意識することが重要です。最初にちゃんと念頭に置いておいてほしいことが「メールの返信速度が本気度と比例しているわけではない」という点です。

普段からメールよりもLINE(ライン)でのやり取りがメインになっている人はどうしてもメールを読む頻度はLINEを読むときと比べて低くなってしまい、返事も遅くなりがちです。また、LINEと違って相手が読んだかどうか、こちらが確認することはできず、相手から返事が来ない限りわかりません。

そのため、返事を焦って書く必要もなく、マイペースに返信する人もいます。さらに、相手が慎重な性格の場合は、あなたにどんな内容で返答しようか一生懸命に考えているために返事がなかなか返ってこないということもありえます。

これらの事から、メールの返信はすぐには返ってこない、くらいにのんびり構える姿勢が望ましいでしょう。そして、可能であれば早い段階で、相手にメールのやり取りの理想的な頻度について確認しておくといいでしょう。まずは週に1回程度のやり取りができたらいいな、くらいの気構えでいきましょう。

LINEでのやり取りのポイントは?

LINEでのやり取りのポイントは?

メールと比べて会話感覚で気軽に送ることができるLINE(ライン)ですが、こちらもやり取りする上で気をつけたいポイントが何点かあります。

まず、相手のペースを意識せずに、送りすぎないようにしましょう。相手の返事がないのに一方的に送り続けるのは論外ですが、やり取りが盛り上がって、本当は相手はもうやり取りを一度止めたいと思っているのに関わらずラリーを続けようとする、ということはついついやってしまいがちですので注意しましょう。

また、LINEはスマホで簡単に読めるため、送る時間にも注意しないと相手の迷惑になることもあります。そして、気軽なやり取りができることがウリのLINEなので、なるべく長文は避けた方が無難です。特に知り合って間も無い段階で長文を送られると「重い」と感じて敬遠してしまう人もいます。LINEでやり取りする頻度としては週に数回程度を意識しましょう。このくらいのペースであれば、お互いに気負わずやり取りができて、あまりガツガツした印象を与えなくてすみます。

メールでもLINEでもやり取りで意識しておきたいこと

恋愛経験の少ない人ほど「連絡はマメなほどいい」「送る数が多いほど本気度が表れる」といった、誰が言い出したのか根拠のないようなことを信じてしまう傾向があります。本当は画面の向こうの相手は「週に1回くらいやり取りできたらいい」と思っているかもしれないですし、「一文一文をもっと考えて送ってほしい」と思っているのかもしれません。きちんと「今、やり取りをしている相手」に向き合い、相手の様子を伺いながらやり取りをするようにしましょう。

また、メールでもLINEでも、相手が忙しい時間帯に送るのは避けた方がいいです。忙しく都合の悪いタイミングで届いても、ちゃんと読む余裕ができないどころか「タイミングを読めない人」として相手に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

これを避けるためには、あらかじめやり取りする相手のライフスタイル(朝何時くらいに起きて、何時くらいまで仕事で、何時くらいに寝るかなど)を聞いておくことが望ましいです。

婚活の成功にはとにかくチャレンジすることが重要

婚活の成功にはとにかくチャレンジすることが重要

婚活を成功させるには、とにかく色々な相手に、どんどんメールやLINEを送ってみることが、うまくいくための近道です。場数を踏むことで異性との距離感も掴めるようになって、緊張することもなくなっていき、やり取りもスムーズにできるようになるでしょう。

女性から積極的にアプローチをかけられて嬉しいと思う男性がほとんどなので、特に女性は気になる男性がいたら積極的にやり取りをするようにしてみてください。中には同時に複数人とやり取りをすることに気がひける方もいるかもしれませんが、最終的に結婚する相手は一人なのですから、相手を探す段階では気にせずアプローチをした方がいいでしょう。

複数人とやり取りをしていると余裕も出るので、ガツガツしなくて済み、結果として婚活がうまくいくということもあります。とはいえ、相手がいなければメールもLINEも送ることはできません。婚活をしたいと思っているのならまずは出会いが重要です。合コンに行ったり友達に紹介してもらう方法もあるかもしれませんが、普段お仕事やプライベートの予定もあるのに、合コンに行くことはあまり効率が良いとは言えません。

また、友達の紹介では出会える相手も限られてしまいます。そこで、本気で婚活を考えているのなら結婚相談所がおすすめです。

本気の婚活なら結婚相談所に行くべき理由

合コンや友達の紹介で出会う相手では、自分の望む条件に合う相手に出会えるとは限りません。また、あなたは結婚を視野に入れているのにも関わらず、相手の方は結婚に乗り気ではなかったり、遊び目的だったりする場合もあるでしょう。

結婚相談所であれば、当然結婚の相談に来ている男女が集まっているので、本気で婚活をしている方であれば結婚相談所に行くことがおすすめだと言えます。結婚相談所と聞くとなんだか敷居が高いし、自分にはまだ早いと考えてしまう人もいると思いますが、20代前半で婚活を始めている人もいますので、今から始めても決して早すぎるということはありません。むしろ女性であれば早ければ早いほど多くの男性と出会うチャンスが広がるのでまずは気軽に相談に行くのもいいでしょう。

結婚相談所も色々ありますが、遠方の相手とマッチングしてもなかなか会えないですし、結婚するなら地元で!と考える女性も多いでしょう。横浜結婚相談所の「マダカナ」であれば横浜・神奈川の結婚相談所として多くの実績があるので、横浜・神奈川エリアにお住いで婚活を本気で考えている方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

「マダカナ」なら入会金もかからず、無料で婚活を体験できるので、気軽に行ってみて相談してみると、新しく素敵な出会いがあるかもしれません。

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

婚活相談をLINE(ライン)で“ちょっと”相談できる快適さ
コミュニケーションが苦手でも安心!仲人があなたに代わってフォロー
神奈川の結婚相談所は大小合わせて300ヵ所。選び方ポイント5つ!

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@