Now Loading...

ブログ

「婚活をやめたい」と思ったら休止期間を置こう

婚活をしていると、だんだんとやめたいという気持ちに駆られてしまう場合もあります。そのようなときに無理に続けていくことには意味があるのでしょうか。やめたいときにはどうしたら良いのかをよく考えておきましょう。たとえ今は婚活をやめても、将来的にはパートナーを探したい気持ちがあるときには再開の計画を立てることも重要になります。

「婚活をやめたい」と思ったら休止期間を置こう

婚活をやめたいと思ったらどうするか

パートナーを見つけて結婚したいという気持ちが強いと必死に婚活を続けようと考えてしまいがちです。確かに一般的には年齢ができるだけ若いうちに婚活を行った方がパートナーを見つけやすいというメリットもあります。できるだけ若いうちに結婚して子供を生み、パートナーと一緒に豊かな家庭生活を長く楽しんでいきたいという気持ちを持つ人も多いでしょう。

しかし、いくら婚活をしていても理想的なパートナーを見つけることができずに途方に暮れてしまう場合もあります。婚活をするにはエネルギーもお金も必要になるため、もう当面は婚活するのをやめたいと思うこともあるのは確かです。このような時には無理をせずにやめるのも重要になります。

なぜ一度休止してみた方が良いのでしょうか。どのようなメリットがあるかをよく理解しておくことが大切なので、まずは理由を確認しておきましょう。

間を空けるとパートナーを探しやすくなる

婚活をやめたいと思ったらやめた方が良い理由としてまず挙げられるのが、少し間を空けた方が理想的なパートナーが見つかる可能性が高いと考えられることです。

これまで必死に婚活をしてきたという場合には、今婚活をしてパートナーを探している人のほとんどに目を通してきたでしょう。それでも理想的な候補がいないという場合には、新たに婚活を始めた人だけが候補になります。婚活をしている人は全体としてみると大勢いますが、数日や数週間の間に新たに婚活を始める人はそれほど多くありません。その中からすぐに良いパートナーを見つけ出すのは難しいため、少し間を置いて婚活をしている人が入れ替わってから探した方が効率が良いと考えられるでしょう。

婚活の仕方によってはパートナーを探しているだけで費用もかかってしまいます。一度手を引いてできるだけ候補者が多い状況になってから婚活を再開した方がコストパフォーマンスも高くなるのです。やめると決めてしまわないと結婚相談所などへの登録も継続してしまいがちになります。思い切った決断をすることで無駄が出費をなくし、次のステップへ進むための資金を貯められるようになるでしょう。

考え方を見直す機会になる

考え方を見直す機会になる

一度婚活の場を離れてみると考え方が変わることも多いというのが二つ目の理由です。婚活をしている真っ最中は自分の理想を追い求めてしまいがちであり、その理想があまりにも高いというのに気づかないこともあります。

また、今まで婚活を通して出会った人たちの良い部分を忘れてしまい、気に入らなかった部分にばかり目を向けてしまうことも珍しくありません。しばらくは婚活を休止すると決めると、冷静になって状況を見つめ直すことができます。これがきっかけになってもっと自分にとって魅力的なパートナーはどのような人なのかを考え直すことができ、焦って相手を探すよりも良い人に出会える可能性が高まるのです。

一方、自分の考え方としては理想的と思った人にアプローチしても断られてしまったこともあるかもしれません。そのような時に何が悪かったのかを落ち着いて考える機会を手に入れられます。自分の持つ理想を見つめ直すことができるだけでなく、自分の改善点も考える機会になるのが休止期間を作るメリットです。

時間のゆとりを自分を育てるのに使える

社会人として仕事をしながら週末の休みやアフターファイブの時間を使って婚活をするというのが一般的です。仕事をしながら本気で婚活をするのは体力的にも精神的にも負担が大きいのは確かであり、ずっと婚活をしてきた人は気づいていなくても心身ともに大きなストレスを抱えています。

それが原因で出会えずに失敗しているというケースもないわけではありません。ストレスを抱えていると相手の良いところに気づけなくなってしまったり、些細なことで苛立ちを感じてしまったりして関係を崩してしまうことになりがちです。婚活をやめてしまい、仕事をしながら自分なりに余暇を楽しんでいるとストレスも軽減され、心のゆとりも生まれてくるでしょう。今まで婚活中心で生活してきていた人の場合には、仕事に集中できるようになったことで成果が上がり、年収が増えたり昇進の機会を手に入れられたりする場合もあります。

また、余暇を使って新しい趣味を始めることができるというケースも少なくありません。仕事の状況が良くなることや趣味が増えることは婚活で有利になるためのポイントであり、次に婚活を行う時にはそれまでよりも魅力的な人として見てもらえるようになる可能性があるのです。今までのことは置いておき、これから自分をどのような姿にしていくのかという視点で休止期間に入るとワンランク上の自分になれるでしょう。

やめる時には期間設定が重要

やめる時には期間設定が重要

婚活をやめる時に重要なのは休止期間をいつまでにするかを決めておくことです。一度やめてしまうとなかなか始められずに悩んでしまうこともあります。やめた理由によって状況は異なりますが、人によっては本当に興味のあるパートナーに一切出会うことができなかったり、良いと思った人にプロポーズしても尽く断られてしまったりしていることもあるでしょう。その状況でまた婚活を始めようとしても踏ん切りが付かなくなってしまいがちです。

また、自分を磨いたり、今までの婚活を反省したりする期間を設けようとしているときでも、いつ再開するかを決めておかないとだんだんと月日が経っていってしまいます。休止期間として適切な長さは人によって異なりますが、数ヶ月から半年程度を目安にしておくのが無難です。

あまり長くなってしまうと年齢も重ねてしまうことになるものの、再開するのが早いとまだ婚活をしている異性があまり入れ替わっていないというリスクがあります。年齢的に急いで結婚したいと考えている人は半年程度を目安にし、まだ若くて余裕があるという人は半年程度を空けるというのが基本的な考え方です。

あるいは休止期間中に目標を立てるのも良い方法であり、その間に昇進したり、新しい趣味が板についたりすることで婚活を進めやすくなります。短期的に達成できるような目標を立てることが重要で、計画的にその目標に向かって努力をすることも欠かせません。万が一、目標をいつまでも達成できなかった時のことも考慮して、最終的な婚活再開の期限を設けておくのが安全策でしょう。

やめたいと思ったら計画的に休止しよう

婚活をやめたいと思った時には潔くやめてしまうのが最も良い方法です。しかし、理想的なパートナーにいつかは巡り会いたいという気持ちがあるなら、休止期間を決めておきましょう。そして、それまでに落ち着いて自分を見直したり、魅力的な人になれるように自分を磨いたりするのが効果的です。十分に時間を空ければ婚活をしている異性も入れ替わるので自分にとっても魅力があり、自分を生涯のパートナーにしたいと考えてくれる人に巡り会える可能性も高まるでしょう。

やめたいという気持ちがある状況ではなかなか良い人に出会えないかもしれません。無駄に費用をかけて婚活を続けるよりも、期間を決めて一度休止し、あらためて心を入れ替えた上で婚活に臨んだ方が賢明です。計画を立てた上で休止期間を設定するようにすれば、再開した時には大きな躍進ができるでしょう。

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

 

関連性の高いエントリー

”楽しく婚活する考え方3つ”婚活疲れを起こしたあなたへ
婚活疲れの解消法を教えてください。30代半ばの女性です。
結婚相談所の休会は?婚活は楽しくないとウソでしょ!?

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@