Now Loading...

ブログ

結婚相談所で起こり得る詐欺の予防策とは

全国的に婚活が人気になっている影響で結婚相談所の数も多くなりました。婚活に関わるサービスが全般的に獲得競争を繰り広げるようになっている一方、このトレンドを悪用しようという動きも発生してきています。詐欺に遭ってしまうというケースも全く無いわけではありません。結婚相談所を利用する時にはどのような予防策を立てておいたら良いのでしょうか。

結婚相談所で起こり得る詐欺の予防策とは

登録候補にする結婚相談所を選ぶときのポイント

詐欺を行うような悪質な結婚相談所に登録してしまわないように、まずは登録候補にする結婚相談所の厳選を行うのが大切です。

婚活関係の情報誌やウェブサイトから結婚相談所の情報を入手することができます。実際に登録のためにコンタクトを取る前に、情報収集をして怪しい部分がある結婚相談所を排除するのが大切です。信頼性という観点から企業情報が明確に記載されていて、住所や電話番号、メールアドレスなどの連絡先があることは欠かせません。これと合わせて法的地位を確認しておくのが重要であり、運営業者について調べて事業所として登録されているかを見ておきましょう。

また、インターネットを活用する婚活サイトの場合には出会い系としての届出も必要とされ、ウェブサイトにも情報が明示されていなければなりません。会員数が5,000人以上の場合には個人情報取扱事業者としての届出も行っていることが必須です。このような手続きをしていない場合には疑惑のある業者だと考えざるを得ません。

個人情報についてはプライバシーポリシーが明示してあることも確認し、内容に不備がないかも調べておくと安心です。さらに、結婚相談所として大手の連盟や協会に所属している場合には信頼性があります。その連盟や協会などで厳しく定められたルールに則って事業を行わなければならないからであり、詐欺の被害に遭うようなリスクはあまりありません。

このような企業側が提供している情報に加えて、ユーザーからの口コミ情報も収集しておくと役に立ちます。さくらが大勢いてあまり良い情報が得られない場合もありますが、大勢のユーザーからの口コミがあり、大きなトラブルが引き起こされてしまったような報告がなければまずはコンタクトを取ってみても良いと考えることが可能です。

登録手続きをする段階で確認しておくべきこと

登録手続きをする段階で確認しておくべきこと

信用できる企業が運営している結婚相談所だとわかったら実際にコンタクトを取って登録手続きをすることになります。その時にも確認しておくべき項目がありますが、もしこの時点で詐欺のリスクがあると考えたら完全に手を引くことができるので入念にチェックすることが大切です。

例えば、料金システムについて説明を受け、明朗会計になっているかを確認するのは欠かせません。法外な費用を後から請求されてしまうというトラブルを防ぐために、納得できてわかりやすい料金設定になっているのは必須です。

また、どれだけ担当者が結婚相談所のサービス内容について説明して理解してもらおうと努力しているかを見るのも重要になります。結婚相談所では特定商取引法による契約行為が行われるため、商品購入と同等のトラブル対応をしてもらうことが可能です。クーリングオフの説明や入会及び退会の手続きについて詳細な説明を受けられるのが基本なので、担当者側から特にその説明がない時には詐欺のリスクがあります。

そして、契約書を見た時に特定商取引法に関する記述があるかどうかも重要な確認事項になります。もし記載がなかった時にはその時点で契約を取りやめた方が無難です。また、契約をするまでに十分な時間をくれるかどうかも本当に信用できる結婚相談所かを判断する上で役に立ちます。会員を獲得したいというのは結婚相談所の希望ではあるものの、あくまで個人の意志で契約をするものです。何か説明の不備があるのに気づかれないようにするために、すぐにその場で契約させようとしている可能性も否定できません。

いよいよ契約しようという時にももう一つだけ留意しておくと良い点があります。それは、本人の身元確認をどれだけ徹底しているかで、これは結婚相談所の信頼性に関わる点です。運転免許証だけで済んでしまう場合も多いですが、住民票や収入証明書、さらには、独身証明書まで求める結婚相談所の方が手続きに手間はかかっても信用できるのは確かでしょう。逆に身分証明書の提示しか求められなかったような場合にはリスクが高い結婚相談所と考える必要があります。

入会後に欠かせないチェックポイント

登録を終えて会員となってからも詐欺に合わないために確認した方が良いポイントがあります。むしろ実際に入会してみないと見えてこない部分もあるので、登録してからしばらくは入念にサービス内容を確認することが重要です。

結婚相談所とのやり取りではメールや電話の内容をよく吟味し、本当に結婚相手を斡旋するつもりがあるのかという疑問を常に持っておきましょう。ただ登録と利用を促してお金を取ろうとするだけという場合もあるからです。

一方、会員の中に詐欺師がいる可能性もあるので、会員とのやり取りについてはさらに慎重にならなければなりません。プロフィールの内容があまりに薄かったり、メールやメッセージなどでコミュニケーションを取ろうとしても自分のことを詳しく話そうとしなかったりする時には手を引くのが無難です。

また、連絡方法やデートのやり方などについて厳しい制限を付けるという人もいます。この場合には、自分の都合の良い時だけに会って遊びたいという場合や、詐欺をしやすいタイミングを見計らっている場合などが想定されるため、深く立ち入らないようにするのが安全策です。

これと逆のパターンとして、まだ連絡を取り始めたばかりなのにすぐに会いたいというメッセージを送ってくる人もいます。通常は十分に相手を吟味してから会うかどうかを判断するものなので、この場合には良からぬことを企んでいる可能性があると考えた方が賢明でしょう。

詐欺のパターンも理解しておくのが肝心

詐欺のパターンも理解しておくのが肝心

結婚相談所を利用した時に発生し得る詐欺の典型的なパターンを理解しておくのも対策を立てる上で重要になります。詐欺が起こるのは結婚相談所の運営会社が悪徳だったというケースと、結婚相談所に登録されていた人に詐欺師がいて引っかかってしまったというケースが一般的です。

結婚相談所側に問題があるときには、いくら婚活をしてみても出会えず、利用するための料金がかさんでいってしまうというパターンがあります。特に結婚相談所側から有料オプションのオファーが頻繁にあるときには気をつけなければなりません。一方、詐欺師が会員にいたというパターンではお金の話が持ち出されることが多くなっています。借金があるから返すのを手伝って欲しい、親が病気になって突然お金が必要になってしまったといった形で援助を求めるケースは典型的です。

もう少し異なるパターンとして私たちの将来を考える上では投資をした方が良いと話を切り出し、不動産投資などの契約をさせられてしまうということもあります。その他にも、お金が関わらないパターンとしてただの遊びということも珍しくはないので、本気で婚活をしようとしている人は注意しなければなりません。

入念に対策を立てれば安心して利用できる

結婚相談所を利用すると詐欺の被害に遭ってしまう可能性があるからやめておこうという人もいるのは確かです。しかし、信用できる企業が運営している結婚相談所を選び出し、詐欺師や遊びの可能性がある人とは深い関係を作らないようにするようにしていけばリスクを回避することができます。出会いの機会を手に入れる手段として結婚相談所は有用なので、対策のための知識を持って優良な結婚相談所に登録するようにしましょう。

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

婚活に入る前に・・・ちょっと待った!ウワサのSNS対策ってなに?
結婚相談所の他社さんも気になるSEOについて一考
口コミや比較に惑わされない!本当に良い結婚相談所とは!?

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@