Now Loading...

ブログ

男女別!結婚相談所活用法

成婚退会までの活動期間

【質問】

結婚相談所の入会を検討中の32歳女性です。数社から資料を取り寄せて、そのうち3社の説明を聞きに伺いました。話を聞いていくうちに思ったのですが、男性と女性では結婚相談所の活用法が違うのでしょうか?中には料金やプランの差がある所もありました。漠然とした質問ですがよろしくお願いいたします。

【回答】

ご質問ありがとうございます。男性と女性では結婚相談所の活用傾向の差があることは確かです。これから話すことは弊社の話です。他所の結婚相談所がどうであるかはわかりません。しかし、実際に婚活をしている方々に見られる男女差ですので、これから婚活をする方々には参考になるのではないでしょうか。

男性は黙々と長期決戦。女性はスタートダッシュの短期決戦と言えます。

婚活はスタートダッシュが大事です。なかでも女性のスタートダッシュはとても大事だと思います。もしスタートでつまずくと女性の場合は一気に婚活から離れてしまう可能性が男性より高いです。

ところが男性はちょっと違います。スタートにつまづいても黙々と婚活を続けていけるのが特徴です。思うように婚活が進まないと心が折れることがあります。が、男性はすぐに復活して婚活を続けていけます。

因みに、婚活のスタートダッシュの意味は「理想に近い異性との出会いがあり、順調に交際を進められること」を指します。

成婚退会までの活動期間

グラフは成婚退会までの活動期間を表したものです。婚活スタートして4か月目が9.0%。5か月目が9.7%です。そこから緩やかに下がり、これ以降に9%台を回復することはありません。4~5か月目が1番高いのです。ここからわかる通り婚活は短気決戦なのです。

ではなぜこのような数字になるのでしょうか。本当のところはわかりませんが結婚相談所を運営している立場から以下の2つが推測できます。

1、 鉄は熱いうちに叩け理論
2、 女性はスタートダッシュにつまづくと婚活離れを起こしてしまう理論

です。

あたり前ですが、「婚活をしよう!」と思って結婚相談所に入会するときが1番心のホットな時です。この熱いうちにいい出会いがあるとトントン拍子にゴールまだ進む傾向が高いといえます。

また、女性はスタートダッシュにつまづくと婚活から離れる傾向があります。それゆえ成婚率もおのずと下がってきてしまう。このように私は考えております。

まとめ

以上のことより次のことが言えます。

男性は一つひとつのお見合いに一喜一憂しないで婚活を長期戦と捉えること。お見合いは登録して数か月経過している女性を狙う事で交際に繋がる可能性が広がります。

女性は短気決戦がポイントです。最初の1~2か月に多めにお見合いを組んでしまう。そして自分に合いそうなお相手を探す。このタイミングでいい出会いがなければ一旦休会など少し休憩して期間を空ける。その後、再び再開するとストレスなく婚活を続けられます。

以上です。あなたの婚活はどのような戦略で行いますか?

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

結婚相談所の男女比はどこまで参考にすべき?
結婚相談所あれこれ!「出会いだけでも登録できますか?」のついて
婚活アプリと結婚相談所の違いは何でしょうか?

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@