Now Loading...

ブログ

婚活をしていても良い男がいないときの対策

必死に婚活をしているのに全然良い男がいないという悩みを持つ女性はしばしばいます。このままではいつまでも良い人に巡り会えないから何とかしたいと思ったら、どのような対策を立てられるのでしょうか。積極的にアクションを起こすことが大切なので、何から始めたら良いかをよく考えた上で婚活に取り組んでいくようにしましょう。

自分の人脈を最大限に活用してみる

自分の人脈を最大限に活用してみる

婚活を続けてきたのに良い男が市場にはいないという人は、もっと異性との出会いの場を広げていくことが大切です。自分が普段から活動している範囲内でしか候補を探してこなかったために、そもそも新しい出会いの場がなかったというケースはしばしばあります。自分の人脈を使っても良い男が見つからないのなら、さらにその友人や兄弟姉妹のつながりを活用してみましょう。

知人の中に自分がいつまでも良いパートナーに巡り会えていないことを気にかけてくれている人や、困ったときに腹を割って話せる親友がいるなら、出会いの場を増やしてくれないかと相談してみるのが良い方法です。自分とは全く異なるコミュニティーに属している人なら、そこで培ってきた人脈を使って候補になる人を探してくれると期待できます。

仲の良い友人であれば好みの傾向もよく理解して、候補になりそうな人を見つけてくれる可能性もあります。出会いの場のセッティングまでお願いできれば理想的です。このような方法で今まで見えていなかった場所でパートナーを探している人を見つけ出すことができます。

新しい趣味を始めてみる

知人の力と人脈を借りて探すのは難しいという人も、既にその努力をしてきたという人もいるでしょう。そのような場合に積極的に出会いの場を増やす方法として優れているのが新しい趣味を始めるという方法です。会社や地域のサークルに参加したり、料理教室やワイン教室などの講座に登録したり、専門学校などに通ったりして新しい場所に足を踏み出すと出会いの機会が増えていきます。

このような現場には婚活を考えて参加している人もいないわけではありません。自分がやりたいと思っていたことをこのタイミングで始めて、教えてもらうという形でアプローチすれば趣味も楽しみながら親しい仲を作る機会も作れて一石二鳥になるでしょう。共通の趣味があると互いに近づきやすいというメリットもあるので、今まで相手のことをよく理解する機会がなかったり、自分のことをよく伝えられなかったりしていた人にも魅力的な方法です。

新しい趣味なら何でも良いというわけではなく、男女を問わずに興味を持つ人がいるものを選ぶ必要があります。自分が興味のないものを選んでしまうと、あまり気が合う人が見つからないという問題も起こり得るので自分に正直になって趣味を始めるのが大切です。

高望みをしていないかと考え直してみる

高望みをしていないかと考え直してみる

このようにして婚活市場を広げていってもなお良い男がいないという場合には、自分が高望みをしていないかと胸に手を当てて考えてみましょう。過去にとても魅力的な人に出会って付き合っていた経験があり、それを理想と考えてずっと追い求めているということもあります。

今と昔では違うと理解して、自分の今の状況から考えてどんな人が理想的なのかを考え直してみると良いでしょう。年齢的にもう適齢期を過ぎてしまっているケースもあれば、同世代が既に結婚してしまっていていわゆる売れ残りになっているケースもあります。その状況を勘案してみると、あまりに異性に対して高い基準を設けていたのではないかと思えるようになるかもしれません。

少しハードルを下げてみると、今まで見てきた人の中にも魅力的なパートナーの候補がいたと気づく可能性があります。少し立ち止まって自分自身のことを客観的に評価してみると婚活市場の見え方が変わってくるでしょう。

人生プランを再考してみる

やはりそれでも自分の理想はしっかりとしていて、良い男が見つかるまでは頑張って婚活を続けたいという気持ちがあるなら、もう一つの手段として人生プランを考え直してみる対策方法もあります。今は婚活市場に魅力的な人がいなかったとしても、数ヶ月後や一年後になればだいぶ人が入れ替わるでしょう。

婚活市場が変化すれば良い男が見つかるようになると考えられます。理想的な人がいない状況で婚活を続けていくのが辛いという気持ちがある場合には、一時休止をしてみるのも悪い考え方ではありません。ただし、年齢的な問題も生じる可能性があることは否定できないので、本当にしばらくは婚活を休止してしまって良いのかとよく考えることは必要です。可能であればもう少し他のアプローチを検討してから休止を決断しましょう。

婚活をしていても良い男がいないときの対策

手を出していないサービスがないかを考えてみる

このような状況になってから婚活市場を開拓する上で大切なのが婚活サービスとしてまだ手を出していないものがないかと考えてみることです。自分や知人の力を最大限に使っても良い男が見つからないという状況だったとしても、まだ独身でパートナーを探している人は世の中には大勢います。そのマッチングを行っているサービスを一通り調べてみて、積極的に活用すると新しい形での出会いが生まれるでしょう。

マッチングサービスには様々なものがあり、昔からよく婚活に用いられている結婚相談所は代表的なものです。男女が互いに真剣に結婚する相手を探すためのサービスを提供しているのが特色なので、親身になって対応してくれる結婚相談所に巡り会うことができれば理想としている人も紹介してもらえる可能性が高まります。登録している男女の人数も多いので、今まで結婚相談所を使ったことのなかった人が登録してみると婚活市場の広さに圧倒されることもあるでしょう。

結婚相談所以外にも結婚相手を探すためのサービスには多様なものがあります。自分にとって使いやすいものを選ぶのは賢い方法です。婚活パーティーなどが大都市を中心としてよく行われているので、参加してみると様々な人に出会える可能性があります。

街コンや出会いをテーマにしたツアー旅行も代表的なもので利用者も着実に増えてきました。盛り込まれているイベントも多岐にわたっていて、年齢層も調節してくれているものもあるので年齢を問わずに参加しやすいでしょう。

また、婚活アプリも広く用いられるようになっていて気軽に利用できます。スマートフォンやタブレットさえあればいつでもパートナーを探せるのが魅力です。このようなサービスを一通り利用してみると、今までとは異なる婚活市場に出会うことができ、良い男に出会える可能性も高まります。

パートナーを探したいという人が増えている影響でサービスの種類も多くなっているので、今までにいくつか利用したことのある人もたった今何を使えるか探してみるのが大切です。

自分の周りを見てもだめなら結婚相談所に相談してみよう

婚活をする上では出会いの場を広げていくのが重要になります。婚活市場に良い男がいないというときには知人を頼って探したり、自分で新しい出会いの場を開拓していったりするのが基本的な対策です。それでもなお見つからない場合には少し自分自身のことを客観的に見直してみたり、これからの人生プランを再考したりすることも必要でしょう。

しかし、自分が考えている婚活市場に比べて、実際にはもっと広い市場があります。今まで利用したことのない婚活サービスを積極的に活用すると出会いが増えていくでしょう。結婚相談所はその中でも真剣に結婚を考えている男女が集まるサービスなので、魅力的なパートナーを探したいというときにはまず結婚相談所を探して登録してみるのが賢明です。

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

結婚相談所でお見合いができない女性の悩みが劇的に変わる2つのコツ
婚活で結婚できる人とできない人 を結婚相談所視点で考察
結婚相談所あれこれ!「出会いだけでも登録できますか?」のついて

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@