Now Loading...

ブログ

お見合いに着ていくべき男性の服装のルール

近年では、お見合いのスタイルにも変化が現れています。かつては両家の両親と共にお見合いをするスタイルが主流でしたが、現在では当人同士が待ち合わせて行うことが主流です。このようなお見合いの現場において、服装を気にするべきなのは女性ばかりではありません。以前よりも気軽にお見合いをできるようになってきたからこそ、普段の自分が服装にも表れて、男性であっても服装からお見合い相手にふさわしいかどうかが判断されています。男性のお見合いの時の服装について紹介します。

お見合いに着ていくべき男性の服装のルール

定番の格好は?

ただでさえ緊張する場でもあるお見合いの場所においては、相手に与える第一印象をできるだけ良くみせたいと考えるものです。お見合いというと、両家の親も交えて格式ばった場所で、対面して行うというイメージが強いものですが、現在ではそのようなスタイルは少なくなってきています。

現在のお見合いは、お見合いをする当人同士が待ち合わせをしてお見合いをするという形の、気軽に参加できるものへと変化しています。そのため、お見合いに参加する際の服装も、格式ばった服装でなければならないというものではなくなってきています。しかし、カジュアルにしすぎてしまっても問題です。カジュアルすぎず、かつ相手にいい印象を与えることができる格好を選ばなければなりません。

そのようなお見合いの場所での男性の服装の定番の格好となるものは、ジャケットパンツスタイルかスーツスタイルです。ジャケットに襟付きのシャツ、チノパンといったスタイルやスーツ姿は、女性にとって男性を魅力的に見せてくれる服装のひとつです。また、ある程度服装の路線が決まっていることもあり、失敗することも少ない服装ということもできます。

服装で与えるべき印象と与えてはいけない印象

お見合いの際の服装において重要となることは、女性に与える第一印象をよくするということです。第一印象を好印象にしておけば、その後の対応もある程度好意的に見られる可能性が高くなります。そのためには、女性がお見合いに来る相手に対して何を求めているのかを正確に把握しなければなりません。

女性は、お見合いをする際、当たり前ですが結婚をある程度意識して参加します。女性が結婚相手として選ぶ男性の特徴は、誠実である人、仕事ができる人というものです。そのため、服装から誠実であることと仕事ができることを印象つけられる服装をするべきでしょう。もし、適当な格好をしてしまえば、お見合いに適当に参加して、自分を馬鹿にしているように女性は感じてしまうばかりか、仕事などの場においても適当に行動して失敗する人なのではないかといった印象を与えてしまいます。

そして、女性は清潔感がないという印象を与える人を嫌います。性格や仕事ができるかどうかといったことは、はっきりと判断することはできませんが、清潔感というものは一目見てわかるものです。清潔感がない人は、結婚後生活していくうえでも大きな問題となり、女性に嫌われる筆頭です。そのため、服装で清潔感がないと感じられるものは、できるだけ避けるべきでしょう。また、服装ばかりではなく、身だしなみという点でも同じです。お見合いに参加する際は、最低限髪を整えて、汚れがついた服は着用してはいけません。

派手すぎ・古すぎはダメ

お見合いの際には、できる限り誠実で仕事が出来そうで、清潔そうな印象を与える服装を男性はするべきです。そのため、スーツやジャケットスタイルというものが勧められるのですが、ただスーツやジャケットを一通り着用しておけばよいという問題ではありません。
自分に似合う服装だと考えてオーダーメードの派手なスーツや普段スーツを着る習慣がないから箪笥の奥からスーツを取り出して着用するなどといったことは、できる限り避けるべきことに該当します。

オーダーメードのスーツというものは、自分の趣味を反映させて、自分に似合う服装を実現できるものではありますが、つやつやな生地で作られたスーツは派手になることもあります。派手なスーツを着用していると、人によって着道楽の人・遊び人という印象を与えたり、仕事をしている姿が想像できないという事態になりかねません。派手すぎる格好は避けるべきです。

普段スーツを着る習慣がない人は、お見合いのためにスーツを購入するのがもったいないと考えて、箪笥の奥にしまわれた一昔前のスーツを着用する人もいます。しかし、スーツのデザインにも流行というものがあるほか、着用していない年月によって体型も変化するものです。古いデザインのスーツを着ていれば、古臭い印象を当ててしまいます。また、体型に合わないスーツを着用していると、だらしない印象を与えかねません。

古くなったスーツを着用することはおすすめできません。かといって普段から来ているスーツをそのままお見合いの場で着ていくことも避けるべきでしょう。普段から着慣れており緊張はしないかもしれませんが、よれよれとなっていてだらしない印象、くたびれた印象を与えてしまいます。

オススメのサイズ・色・素材

オススメのサイズ・色・素材

清潔そうで、誠実・仕事ができる印象を服装から与えることが重要ですが、具体的にどのような服装をすればそのような印象を与えることができるのかわからないという男性は多くいます。最低限のマナーとして、汚れや染みがついている服装、よれよれでしわが目立つ服装、ブカブカ・キツキツの服装はしてはいけない服装です。しかし、これは最低限であって、そこからより好印象を与えるためには、いくつかの工夫が必要となります。そして、好印象を服装で与える服装のポイントとは、サイズと色、そして素材にこだわるということです。

まず、必要となることがジャストサイズのスーツやジャケットを選ぶということです。オーバーサイズの服装の方が動きやすくはありますが、初対面のお見合いの時であれば、動きやすさをあまり重視する必要がないので、ジャストサイズでスマートな印象を与えることを心掛けることが勧めらえます。大きすぎれば野暮ったく、だらしがない印象となり、逆に小さいサイズで足首が見えているようでは滑稽な印象を与えかねません。

お見合いでおすすめの色や柄というものは、無地で定番色であるグレーやネイビーです。お見合いの多くは、ホテルラウンジなどとなるので、照明の関係で暗い印象を与えずに大人っぽい印象を与えるグレーやネイビーが勧められます。柄に関しては、無地が無難であり、ストライプは背を高くみせることができます。

素材は、春夏秋冬のどの時期にお見合いをするかにも関わりますが、春秋冬で着用できるものが一番使い勝手がよいでしょう。夏は、クールビズの関係で変わります。ポイントとしては、各アイテムに天然繊維を使うことによって、大人っぽい印象を与えることです。ジャケットはウール、シャツは綿、パンツは綿かチノ素材が勧められます。

服装以外もチェック

オススメとなるスーツやジャケット、シャツにパンツを身に着けたならば、完璧というわけではありません。お見合い時には、様々な持ち物を持っていかなければならず、それらにも注意を払う必要があります。いくら服装をしっかりと整えていたとしても、細かな部分で印象を悪くしてしまう可能性はあり、非常にもったいない事態になりかねません。

まず、忘れがちですが靴もしっかりと気を付ける必要があります。毎日履きなれた靴や履きやすさを重視してスニーカーを何気なく選んでしまう人も多くいますが、お見合いの際には適しません。履きなれた靴は汚れが多く、擦り切れていることもあります。スニーカーは、幼稚な印象を与えかねません。こげ茶色のきれいな革靴が最適です。

また、バッグも持っていくことが勧められます。財布やハンカチなどの持ち物を、ポケットの中にすべて詰めてしまうと、ふくらんで格好悪くなってしまいます。薄手の持ちやすいブリーフケースを持っていくことがおすすめです。ちなみに、セカンドバッグは古臭い印象を当てるほか、楽だからといってショルダーバッグやリュックは服装の関係からNGです。

このほか、装飾品は、時計などの必要最低限にとどめておくことが良いでしょう。ポケットチーフやネックレス、指輪などで変に個性を出すことは避けることが無難です。

デートの時も気を付ける

デートの時も気を付ける

お見合いにおいて、スーツやジャケットを着用して服装で良い印象を与えて、成功したとしてもそこで気を抜いてはいけません。お見合いで成功したならば、その後も何度か相手と会って、デートや交際へと発展するかもしれませんが、この際にも服装に注意を払うことが必要です。

むしろ、デートの時は、お見合いの時よりもカジュアルな服装になるからこそ注意が必要な場合があります。スーツを着用していても問題はありませんが、仕事帰りでもないのにいつでもスーツを着用しているのは不自然です。最低限のNG行為だけは避けて、デートを成功させることが必要となります。

まず、大きなキャラクターがプリントされたような服装はNGです。キャラクターが女性は好きだろうと考えて着用する人もいますが、キャラクターものや意味の分からないプリントの服装は避けることが勧められます。また、赤や黄色、オレンジなどといった派手な色合いの服装も避けることが勧められます。

服装の好みは人によって異なりますが、女性は男性に落ち着いてさわやかな服装をしてもらいたいと考えていることが多いので、青や茶色、ベージュなどの色が人気です。そして、ダメージジーンズなども避けるべきファッションです。おしゃれ好きな女性ならば許容するかもしれませんが、避ける人もいるので、相手の趣味が分からないうちは無難な格好をすることがおすすめです。

お見合で服装で失敗しないために

お見合いでは第一印象が重要となります。女性ばかりではなく男性の服装も重要で、服装ひとつで印象が決まり、お見合いの成否が決まることすらあります。男性の服装は、清潔感と誠実さをアピールすることを第一に考えて決めるべきです。そのことから、グレーやネイビーの落ち着いた色合いのスーツやジャケットを着用することが勧められます。

また、古いものではなくジャストサイズのものを選ぶことが重要です。これらの服装は、無難なものを選んだとしても不安が付きまとうものです。不安な場合は、お見合いをセッティングしてくれた結婚相談所のスタッフに相談することもひとつの方法です。結婚相談所では、お見合いでするべき服装から、してはいけない行動など、様々なアドバイスをして、お見合いから結婚までを成功へと導いてくれます。

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

お見合いで失敗しない男性の服装は?NGな服装は?
婚活で相手に好印象を与える服装
お見合い写真で好印象を与える3つのポイント【男性編】【女性編】

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@