Now Loading...

ブログ

お見合いからプロポーズまでの期間が決まっている結婚相談所を利用しよう!

普段の生活で異性との出会いのチャンスがない場合、相手探しで悩むこともあるかもしれません。その場合、結婚相談所を利用すると、たとえ出会いに恵まれていなくても素敵な相手を見つけやすくなります。ここでは、結婚相談所を通して婚活する際の、プロポーズまでの期間やプロポーズのタイミングをお伝えします。

私はどうしたら結婚できますか?について

プロポーズするまでにかかる期間は?

婚活で結婚相談所を利用する場合、通常の恋愛とやや異なるのがプロポーズまでにかかる期間です。一般的な恋愛は、お互いに出会ってから1、2年近く期間を設けて結婚にたどり着くことがほとんどかもしれません。一方、結婚相談所を利用すると、結婚に至るまでの期間が3ヶ月となっているケースがよくあります。

そのわけは、全国各地にある結婚相談所が加盟している結婚相談所連盟IBJでは、交際期間はお見合いの日から基本として3ヶ月というきまりを会員に対し設けているからです。よって、3ヶ月という短い期間で出会った異性が結婚相手に適しているかを判断する必要があります。

結婚相談所でお見合いをした男性と女性がお互いに良い感触があった場合、はじめに仮交際が始まります。仮交際では相手をじっくりチェックする期間でもあるので、一人に限らず気になった方と連絡を取ることやデートをすることが可能です。その期間が3ヶ月となっているため、大体3ヶ月が結婚相談所の利用者の平均的なプロポーズ期間です。仮に、3ヶ月を超えたとしても、交際をスタートしてから半年以内にはほとんどのカップルがプロポーズをしています。

プロポーズ前にやること

プロポーズは今後の人生を大きく変えるほどのビッグイベントです。好みの相手にプロポーズするまで3ヶ月から6ヶ月の期間がありますが、プロポーズを成功に導くためには予めやっておくことがいくつかあります。

その中で、最初にやるべきことは気持ちの準備です。結婚すると、愛する人とともに人生を一緒に歩み続けるといった幸せが待っています。その一方で、子どもや家族を食べさせていくために、独身時代よりもお金や時間の使い方が変わってくるのも事実です。よって、プロポーズは覚悟を持って相手に伝える必要があります。

中途半端な気持ちでプロポーズしてしまうと相手に本気さが伝わらない可能性もあるので、たとえ一瞬のアクションでも気持ちの準備だけはきちんとすることです。好きな人と人生をともにする覚悟が決まれば自信がわき、プロポーズは成功しやすくなるでしょう。

それから、プロポーズをする前に両親に紹介したいことを相手に話しておくと、結婚に対する意識がさらに高まります。げんに、プロポーズ前に両親と顔を合わせたのをきっかけに、結婚の気持ちが強まったという方もたくさんいます。相手が結婚に対してどう思っているのかチェックするためにも、プロポーズする前に両親へのあいさつをすませておくのがよいでしょう。

また、男性はプロポーズする前に身辺整理をすませておくことが大事です。女性の中には、結婚してから生活が不安定にならないか心配する方もいます。ですから、整理できるものは速やかに整理し、プロポーズ前にどうしても整理が間に合わない場合には相手に素直に話すことです。相手が本気で結婚を望んでいるならば、それを理解した上でプロポーズを受け入れてくれるはずです。

押さえておきたいプロポーズのタイミング

押さえておきたいプロポーズのタイミング

プロポーズをするタイミングは迷うところですが、自分の都合がいいタイミングではなく、相手の気持ちを考えてからプロポーズする必要があります。

タイミングの候補としては、結婚に向けての準備をすませてからや、自宅でリラックスしている時にプロポーズするなどいくつかあります。もちろん、タイミングによって相手の気持ちを掴みやすくなることも事実ですが、相手に結婚の意思があるかどうかを普段の生活でさり気なくチェックすることが大事です。

仮に、相手に結婚願望がほとんどないにもかかわらずプロポーズしても、場合によっては断られる可能性があります。プロポーズを少しでも成功につなげるためにも、付き合っている段階で結婚してからの生活を何となく質問し、相手に結婚の気持ちがあるかを確認しましょう。

それから、プロポーズにふさわしいタイミングは、何かの記念日や相手の誕生日に合わせるなど、特別感を与えられるような雰囲気を作ることがポイントです。ドラマのような雰囲気でプロポーズする必要はありませんが、プロポーズを避けた方がよいタイミングはあります。たとえば、転職や転勤といった人生を大きく動かすタイミングはできるだけ控えることです。結婚相談所を利用してプロポーズをする場合、期間が決まっているので、相手や自分に大きな動きがないタイミングでプロポーズしましょう。

また、プロポーズをする際には、相手に伝える言葉も重要です。プロポーズの言葉としては、老後のことをイメージした言葉でもいいですし、シンプルに「結婚してください」と伝えるのもいいかもしれません。例を挙げるときりがありませんが、「結婚してこの先も幸せにする」という思いをしっかり伝えることがポイントです。このことを予め理解し、あとは相手が笑顔になってくれるような言葉を自分なりに考えてみてもよいでしょう。

プロポーズを中々してこない男性もいる

プロポーズは男性からするものと考えられているのが一般的です。しかし、肝心の男性が気持ちがあるにもかかわらずプロポーズしてこない場合、女性としては不安になることもあるかもしれません。そこで、せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、女性から男性にプロポーズするケースも中にはあります。

そもそも女性というのは、子どもを産んだり子育てしたりする立場なので男性よりも結婚への意識が高く、結婚のために積極的になることも珍しくありません。女性からプロポーズする際のポイントは、相手の気持ちをしっかりチェックした上でプロポーズすることです。男性がプロポーズをしてこないのは、迷いやすいことや消極的な性格が絡んでいる場合があります。

他にも、人の人生を支えていくほどの稼ぎがなく、たとえ相手との結婚の意思があっても一歩踏み出せないのです。よって、女性は付き合いの段階からサポートすることを意識し、男性にかかる負荷をできるだけ軽くしてあげると男性の心に余裕ができ、プロポーズをしてもらいやすくなります。

また、結婚相談所ではカウンセラーからアドバイスを受けられるので、長く交際しているのに男性がプロポーズしてこない場合は、試しにアドバイスを受けてみるのも良い方法です。

プロポーズも大事だけど結婚後がさらに大事!

プロポーズも大事だけど結婚後がさらに大事!

今回は、結婚相談所を利用して婚活する場合の、お見合いからプロポーズに至るまでの期間やプロポーズのタイミングなどを紹介しました。

プロポーズのタイミングはその人によって異なりますが、自分の都合だけで考えず、相手にとっても都合のいいタイミングでプロポーズすることです。ただし、プロポーズは結婚の意思を相手に正式に伝えるひとつのアクションに過ぎません。プロポーズを成功させるのももちろん重要ですが、その先に待っている結婚生活を充実させることが何よりも大事です。結婚生活とは、愛し合うふたりで幸せな人生を歩み続けるということをしっかり理解しておきましょう。

また、婚活の際に結婚相談所を利用すると、一般的な恋愛よりもプロポーズまでの期間が短くなるので、できるだけ早く結婚したい方は結婚相談所を利用するのもひとつの手です。日頃出会いに恵まれない方でも、自分にあった相手を見つけられるはずです。もし興味のある方は、結婚相談所を利用してみてはいかがでしょうか。

 

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

結婚相談所の交際期間は3か月!?スピード婚って大丈夫なの?
結婚相談所の交際3ヶ月ルールとは!?
お見合い後、結婚を決心するまでの交際期間が3か月って短くない?

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@