Now Loading...

ブログ

男性の婚活について。どのくらいの貯金が必要か!?

これから婚活をして女性を射止めたいと思っている男性はお金についての意識を持つことが大切です。女性は結婚対象として考えるときに、どれくらいの貯金を持っているかを気にかける場合があります。一体どのくらいの貯金があったら安心して婚活ができるのでしょうか。婚活の仕方も考慮に入れながら適切な金額を導き出してみましょう。

貯金はあった方が婚活に有利

まず前提として考えておきたいのが貯金の必要性です。世の中にはお金なんてなくても良いと言ってくれる女性もいるのは確かですが、結婚生活を考えるとお金が十分にあった方が良いと考えるのは確かでしょう。

男性の婚活について。どのくらいの貯金が必要か!?

結婚式を挙げるのにも大きなお金がかかり、これから子供を生んで育てていったり、マイホームを購入したりするとなると十分な資金が必要です。将来のことをよく考えている女性ほど男性の収入がいくらで、現状としてどの程度の貯金を持っているかを気にかけている傾向があります。貯金があまりにも少ないとお金を浪費する癖がある人だと認識されてしまい、将来に不安を持つ場合もあります。

婚活をするときにはうまくお金をやりくりできる力を持っていることを示せるようにするために貯金を増やしておくに越したことはないのです。

平均的な30代男性の貯金額を知っておこう

どの程度の貯金をしておけば婚活に支障がないかを考える上で参考になるのが男性の平均的な貯金額です。金融広報委員会による調査では30代男性が持っている平均的な貯金額は461万円となっていました。広い職種から調査を行っているので日雇いで働いている人から既にキャリア構築をして大きく稼いでいる人も含んでいます。

また、結婚しているかどうかも分けずに集められた統計なので、この金額があれば婚活には十分だというデータにはならないでしょう。しかし、簡単にアクセスできる統計情報という観点から考えると、女性がこの程度の貯金は30代男性に期待して良いものだと考える可能性があります。安直には461万円を目指して貯金をしておけば婚活をしても不利にはならないと考えられるのです。

結婚を考える男性に求められている貯金額とは

実際に女性が結婚を考える男性にどの程度の貯金を持っていて欲しいかについて調査したデータもあります。

大手の民間企業によって行われた統計調査では、第一位になっていたのが500万円くらいで28.8%を占めていました。30代男性の平均的な貯金額とほぼ同等の金額だということがわかります。第二位は300万円くらいで23.7%です。第三位は1000万円以上で14.4%、第四位は200万円くらいで12.7%、第五位が600万円くらいで8.5%でした。1割以上の人が1000万円以上もの貯金があることを求めていて、財力がある男性を求めている様子がわかります。

結婚を考える男性に求められている貯金額とは

ただし、味方によってはこれだけ希望する貯金額にばらつきがあるので、貯金額に対する考え方は個々に大きく異なり、あまり気にかけなくても良いとも言えるでしょう。しかし、少なくとも200万円〜300万円くらいの貯金がないと結婚を考えてくれる女性がかなり少なくなってしまうことが統計からわかります。

貯金が欲しいと考えている理由とは

女性が貯金が十分にある男性と結婚したいと考えているのには理由があります。人によってかなり異なる見解がありますが、明確な考え方で期待する貯金額を決めている人もいるので参考にしてみましょう。

毎年100万円を貯められる程度の金銭感覚を持っている人と結婚したいという人もいます。あるいは結婚式の費用を出しても100万円程度は余らせられること、新居の手配や新婚旅行などの費用も工面できる程度の貯金があることといった形で結婚生活を始めるに際して必要とする資金確保という考え方も多いのが特徴です。

また、もっと大きな貯金が欲しいという人は家や車を買えるお金を持っていて欲しいというケースもありますが、急に働けなくなったときに生活を当面は続けられる程度の貯金が欲しいという考え方を持っているケースもあります。

このように将来に目を向けたときに必要になるお金の大半を工面できる程度の貯金を持っていることが結婚対象となる男性には求められているのが実情です。遠い将来まで考えたり、高い生活水準を求めたり、病気などの大きなリスクを考慮したりしている女性ほど高い貯金額を持っている男性を求める傾向があります。

婚活にかかる費用も考えて貯金を作ろう

婚活に向けて貯金をしようと考えているなら婚活そのものにかかる費用についても考えることが大切です。婚活をするには結婚相談所に登録したり、婚活パーティーや街コンなどに参加したり、社会人サークルや各種教室などに通ったりすることで出会いの場を探す必要があります。そのために通常は一ヶ月あたり一万円から三万円程度の費用をかけているのです。人によっては一ヶ月や二ヶ月で意中の人を見つけて結婚に向かうことができますが、長い人の場合には数年間も婚活を続けることもあるでしょう。

婚活にかかる費用も考えて貯金を作ろう<

その費用も考えて着実に貯金をしていくことが大切です。貯金をするには節約生活が必要になりがちではあるものの、あまりに節約してしまってケチになってしまうと女性から見向きもされなくなってしまう可能性があります。うまくお金のやりくりをして必要なところにはお金をかけ、不要なところでは使わないといった考え方を持つことが重要です。婚活にお金をかけるときにも結婚の候補となる女性と出会いやすい方法を厳選するように心がけましょう。

また、貯金は一朝一夕にしてできるものではないという認識も持っておく必要があります。あまり貯金がない人は結婚相談所の利用を検討してみるのが大切です。結婚相談所ではマッチングをしてくれるので、あまり貯金がない男性でも価値観が合えば良いと考えている女性に出会える可能性が高くなります。

積極的に婚活期間を短くしよう

婚活の期間が長くなってしまうと費用がかさんでしまうのは確かで、できるだけ短い期間で理想的な女性に出会えた方が貯金を目減りさせずに済むでしょう。早く結婚したいという気持ちがあるからこそ婚活をしている人が多いという観点からも、理想の相手を探しやすい方法を選ぶのが大切です。

また、毎年100万円を貯金できる程度の感覚が欲しいと考えている女性も候補にするためには、社会人になってからあまり年数が経ってしまうと莫大な金額の貯金が必要になります。速やかに婚活を成功に導けるようにするためには、本気で結婚相手を探している女性に出会える可能性が高く、相性の合っている人に出会える確率も高い手段を選ぶのが賢明でしょう。

マッチングを行ってくれる結婚相談所はこのような考え方で婚活を行うのに適しています。婚活の始め方がわからないと悩んだときにはまず結婚相談所に相談を持ちかけてみるのが賢明です。

貯金は作っておくに越したことはない

将来について周到に考える計画性を持っている女性は大勢います。婚活をするときにはそのような女性に失望されてしまわないように十分な貯金を持っておくに越したことはありません。500万円の貯金を期待している女性が多いことを参考にして着実に貯金を増やしておきましょう。

ただし、全ての女性が大きな金額の貯金を持っていることを最低条件としているわけではありません。たとえ貯金が少なかったとしても性格や価値観などが合っていればぜひとも結婚したいと考える女性もいます。そのような女性との出会うのに成功しやすい手段としても魅力的なのが結婚相談所です。短期間で魅力的な女性に出会える可能性が高いことも考慮して、まずは結婚相談所に足を踏み入れてみましょう。

 

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

婚活をするのに30代男性はいくらお金があれば良いの?
相場はいくら?結婚相談所の料金体系を紹介!
婚活悩み相談!月収21万円の男性と結婚生活を送ることはできるのか?

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@