Now Loading...

ブログ

結婚相手を「年収」で選ぶのは今の時代合いません

結婚相手を選ぶ時、大事な指針となるものの1つに年収があります。お金がなければ生活がままならないからです。しかし、結婚相手を年収だけで選んでいいのでしょうか。結婚したいのに相手が見つからない方の中には最初に年収から相手を絞り込み、後は、順々に自分の条件を当てはめて絞り込んでいくという方もいるかもしれません。しかし、その発想を180度変えてみるだけで結婚相手が見つかるかもしれないのです。結婚するために始めに相手のどこを見るべきか解説します。

年収の高さだけで選ぶとチャンスを失う!

年収の高さだけで選ぶとチャンスを失う!

お見合い相手の年収は、男性の場合、プロフィールに記載されている場合が多く、平均はおよそ400万円ちょっとと言われています。中には、1000万円を越える方もいますが、反面200万円台という方も含まれているのが現状です。女性が考えるお見合い相手の年収は、平均600万円台と言われていますが、年収が上の方々は大抵は結婚されたり、競争相手も多いのが実情です。

婚活に力を入れている男性は、当然未婚なので、大半は400万円平均の収入で、それ以下ということも珍しくはありません。しかし、年収が低いということだけでお見合いを敬遠してしまうとせっかくの結婚のチャンスを逃すばかりか、結婚の本質を見失ってしまうことにもなりかねません。年収が低いお見合い相手を結婚相手として見る場合のポイントは、以下のようになります。

相手の将来性

お見合い相手の年収が高いということは、年上である可能性が高いということになります。独立起業の社長や医者の跡取り、株のトレーダーなど若くして高収入の方もいますが、下積みを得て、年齢と共に年収をあげてきたという方も少なからずいるはずだからです。

そこで視点を変えて、収入は低くても将来性のある年下に着目してみるのも1つの手ではないでしょうか。年下の女性よりも年上の女性の方が生活面でも経済面でもしっかりとしているからとか、自分の収入より女性の収入の方が高くても気にしないという男性も増えてきているようです。

それならば、お見合い相手として年収の低い年下男性を除外してしまうのは早計といえるでしょう。また、資格を取得したり、起業などを見据えている男性なら将来的に伸びる可能性もあり、サポートしていくことも結婚生活をおくる上で1つの楽しみになるかもしれません。

趣味が合う

趣味が合う

婚活パーティーやお見合いでは、結婚相手を見つけることが目的であるため、収入にだけ目がいってしまうことがあるかもしれません。そして、話が合わなかったり、条件が合わなかったりして時間だけが過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか。

そんなときは、趣味を全面に押し出したパーティーに参加してみるのもいいかもしれません。山登りが趣味なら登山関連の婚活パーティーに、また、グルメに興味があるなら食関連のパーティーに参加してみるといった具合です。

元々、同じ趣味の方々が集うパーティーなので、会話に困る心配もありません。共通の趣味を通して自然体の自分を見せられると共に相手の普段の顔も見られる可能性が高くなります。こうすることで結婚相手の幅が広がり、パートナーを見つけやすくなります。

人柄やライフスタイル

収入が高くても金銭にルーズであれば、結婚生活に支障をきたす恐れがあります。逆に収入が低くても金銭感覚がしっかりしていれば結婚生活を維持していくことが可能でしょう。様々な価値観において一緒であればなお結婚生活をスムーズに進めていくことが可能になるでしょう。

人間関係に関する価値観やライフスタイルに関する価値観などあらゆるものが結婚生活を続けていく上では大事になってきます。価値観は人それぞれ違いがあることも事実なので、全てにおいて一致するということは不可能ですが、お互いの価値観がどこまで歩み寄れるかが1つのポイントとなってくるでしょう。年収だけでなく、相手の優しさや几帳面さ、真面目さなど人柄も結婚相手を選ぶ上で大事なことになってきます。

このような点を踏まえて、結婚相談所からお相手の紹介を受ける場合は、年収に縛られず理想的な人に出会う可能性が高くなります。勇気を持って行動してみましょう。

 

お読みいただきありがとうございました。

横浜結婚相談所マダカナ

関連性の高いエントリー

婚活悩み相談!月収21万円の男性と結婚生活を送ることはできるのか?
結婚相談所の入会時「収入証明書」男性は“必須”女性は“任意”のなぜ?
結婚相談所で見るお相手のプロフィール、特に年収に嘘はない?

マダカナ問い合わせフォーム

LINEで簡単お問合せはこちら
※1度空メッセージをお送りください。
結婚相談所マダカナLINE@